【適度な運動や睡眠をしっかり受けて 適度な運動や睡眠を】

結核

2021年の日本の10万人あたりの結核患者が9・2人となり、 ついに10人を切って「低蔓延国《の基準を満たした。ただ、 今でも年間1万人以上の患者が新たに報告され、決して 「昔の病気《ではない。9月24日から結核予防週間が始まる。 結核とはどんな病気なのか。

結核は1950年までの死因1位。「国民病《「亡国病《などと呼ばれ、 多くの人の命を奪った。今は新型コロナウイルス感染症が感染症の 中心にいるが、結核も油断できない感染症だ。

結核研究所の加藤誠也所長は「せきや全身のだるさなど、結核と新型コロナの症状 に大きな違いはない《と話す。一般的には、たんのからむせきや微熱、だるさが2週 間以上続いたら結核を疑う。ただ、高齢者ではせきがでないことが多く、発見の遅れに つながっている。放置すると、たんに血が混じり、半数の大が亡くなる。

2021年に新たに患者と診断されたのは、1万1519人。70歳以上が約7300 人で、患者の63%だ。広く結核が流行していた時代に感染し、高齢になって免疫力が下 がってきたために発病する人が多い。結核で亡くなる高齢者は今も多く、20年には90歳 以上の患者の54%、80代の患者の38%は亡くなっている。

「結核菌《は、空気感染で広がるため、完全に予防することは難しい。結核の発症を 抑えるBCGワクチンは、生後5~8ヵ月の間に接種することが標準的だが、効果は15 年ほどしかない。

加藤さんは「健診をしっかり受けて欲しい《と話す。半数の人は発症がきっかけとな って感染がわかる。ただ、20~30代の患者では、約30%が定期健診の胸部X線撮影など で見つかっている。

発病したら、他人に感染させる可能性がある期間は入院し、基本的には、抗結核薬を 半年間のむ。大切なのは、薬の治療を最後まで確実に受けることだ。

日本ではまだ患者の1%未だが、世界的には「薬剤耐性結核《が問題となってい る。薬を完全にのみきらなかった場合、薬が効かない結核菌が現れる可能性がある。そ のため、保健所が直接、薬ののみ忘れがないか確認している。結核は免疫力が落ちてき た時に発病する。発病を防ぐためには適度な運動や十分な睡眠、バランスの良い食事が 大切だ。(後藤一也)


(出典:朝日新聞、2022/09/24)

戻る