【日差し気になる夏 選ぶポイントは】

サングラス

暑い夏の外出時、やっぱり気になるのは、まぶしい日差しだ。そんな時、頼りになる のがサングラス。お店ではさまざまなデザインが並ぶが、どう選べばいいのだろうか。

全国で「眼鏡市場《を展開するメガネトップの広報担当・掛本紀子さんによると、サ ングラスには、紫外線から目を守り、まぶしさを抑えてを見えやすくする効果があ る。紫外線(UV)を防ぐことで、ドライアイや目の充血、目の老化といったリスク も減らせる。UVが目に入ると脳が強い日差しを認識し、肌を守ろうとメラニン色素な どを作ることが、シミやそばかすなどの原因になる。UVを防ぐことでこれを軽減する 効果も期待できるという。

レンズの色は濃いほど、まぶしさを抑える効果が高い。UVを防ぐ効果は「UVカッ ト率《や「UV透過率《で示される。「UVカット率は99%以上、UV透過率は1%未 満だと安心《と掛本さん。視界が暗すぎると屋内などで使いにくく、レンズが透明や薄 い色でも、UVを防ぐ加工があれば十分なことも。スポーツ用か普段使い用か、といっ た目的に応じて選びたい。

色が濃いものを選ぶ時は、注意も必要だ。色が濃いレンズだと視界が暗くなり、瞳孔 が開いて逆に多くのUVを取り込みやすいため、UVを防ぐ効果が高いものを選ぶ。

似合うサングラスを選ぶにはどうすればいいのか。

ポイントの一つは、眉毛とサングラスのフレームの上部のカーブが一致し、隙間がな いものを選ぶことだ。

気になる顔の形で、フレームを選ぶのもおすすめという。丸顔が気になる人は、フ レームが直線的な・「スクエアタイプ《で小顔効果を。シャープなあごやエラのはりが気 になる三角顔や四角顔の人は、楕円形の「オーバルタイプ《でバランスが取れる。面 長が気になる人は、縱に長い「ウェリントンタイプ《で面長の印象を抑える。

自分に合うものを選ぶには、試着が欠かせない。「街路樹やアスファルトなど、店外の明るい所を見て、暗くな りすぎていないかや、違和感がないかを確認するといいでしょう《

レンズが傷つくと効果が落ちるため、扱いにも注意したい。車に置きっぱなし、という人 も多いが、高温で変形しやすいので避ける。お手入れは普通の眼鏡と同様、ほこりゃ汚れを水で洗い、眼鏡ふき でゃさしくぬぐうとよい。(石川舂菜)


(出典:朝日新聞、2022/07/30)

戻る