【心を満たす虫の声、草むらに耳を傾けよう】

自然の音

鳥のさえずり、小川のせせらぎ、虫の鳴き声……。古くから日本人を癒やしてきた自然の音。実は、科学的にもリラックス効果が確かめられているという。

自然の音が人間にもたらす効果については、世界でさまざまな報告がある。

米国国立公園局などの研究チームは、自然の音にまつわる世界中の研究を解析し、昨年に発表した。それによると、自然がもたらす音には気分や認知能力を改善したり、痛みや心拍数、血圧を下げたりする効果が確認され た。さらに音の種類に着目すると、水の音は気分を良くする効果が大きく、鳥のさえずりはストレスや上快感を抑制する効果が大きかった。

では虫の鳴き声はどうだろう。そんな疑問に答えるユニークな研究成果を、千葉工業大学や日本工営中央研究所などのチームが今年発表した。

研究チームは千葉県内の草原など22ヵ所で虫の鳴き声を採取し、身近に聞くことができるエンマコオロギ、スズムシなどバッタの仲間4種の鳴き声を選定。これらを混ぜるなどしてつくったサンプル音を65人の学生に聞いてもらい、心理効果を調べた。

その結果、一種だけだと寂しげな印象の音もあったが、二種、三種と鳴き声を混ぜることで、穏やかな印象が高まることがわかった。音楽性も高くなり、リラックス効果が増すことがわかったという。

千葉工業大の関研一教授は「多様性がある音の方が、人はホッとするということが心理的に確かめられた《と話す。「人は、何万年も昔から自然の中で育まれてきた感性がペースにあって、リラックスしたり、感動したりしているのかもしれません《

とはいえ、真夏に耳にするセミの鳴き声は暑苦しい。心地よい音の要件には高さや強さなども関係するという。

スズムシなど実験で用いた虫の鳴き声は、高い周波数の音が主体だった。一方で、セミの声は野太く大きいことも。「もともと大きすぎる音は、人間?あまり好きではないですよね《と関さん。虫の音の心地よさは、音の高さや大きさと、ハーモニーからうまれていると言えそうだ。

虫の音というと秋をイメージしがちだが、「実は5月ごろからもう、虫たちは鳴いているんですよ《と日本工営の徳江義宏さん。「遠くの自然まで行かなくても大丈夫。足元の緑にちょっと耳を傾けてみてください《(鈴木彩子)


(出典:朝日新聞、2022/07/23)

戻る