【「自分が感染源かも《旅行前後に対策を】

ウィズコロナの旅 もうすぐ夏休み。新型コロナウイルスの感染状況をにらみつつ、旅行計画を立てている人も多いのではないでしょうか。離れて暮らす子どもや孫だちと、あるいは高齢の親だちと一緒に旅をする際に、改めて何に気をつければよいのか。ウィズコロナの旅のポイントを専門家に聞きました。

「どんなところに出かけるとしても、人が密集するような環境で、マスクなしで会話をすることは避けるべきでしょう。これに尽きます《。感染症に詳しいグローバルヘルスケアクリニック(東京都千代田区)の水野泰孝院長はそう話す。

一方で、梅雨明けが異例の早さだったこの夏は、熱中症のリスクも例年より高まっている。厚生労働省は、「2㍍以上の距離が確保できるような屋外ではマスクの必要がない《とし、メリハリをつけたマスク使用を提案している。

所定の回数のワクチン接種を済ませておくのは必要だが、最近の感染動向をみると、3回接種しても感染する人が散見される。「発症予防効果は数力月過ぎれば下がることは知っておいてほしいです《と水野さん。

大切なのが、旅行前後の数日~1週間の過ごし方だ。

旅の同行者への感染リスクを下げるため、自らが感染源にならないように、旅行前の4~5日間は会社の同僚とのラシチや飲み会といった接触機会を避ける▽旅行後も、自らが感染源である可能性を考え、職場の人への感染リスクを下げる目的で、1週間ほどは飲食などの接触機会を避けるIととが望ましいという。

「知らない間に自身が感染源になっているかもしれない、と考えて過ごしてください《と水野さんは助言する。

旅先で誰かが体調上良に陥ったら、どうすればよいか。

「まずは滞在する地域の医療機関を受診してください。コロナ感染が判明したら、医師や保健所の判断を仰いでください《(水野さん)。

旅行会社のプランには、旅先での感染発覚時のサポートが手厚い商品や、直前のキャンセルなどを見据えた保険もあり、活用するのも一案だ。

コロナに限らず、乳幼児は急に体調を崩すことがある。「旅先での療養リスクも含め、休み明けまで見据え余裕をもっだ日程を組むことを勧めます《。新潟大学・斎藤昭彦教授(小児感染症学)は話す。(熊井洋美)


(出典:朝日新聞、2022/07/16)

戻る