【手と脳通じて意欲引き出す】

テレビゲーム

新型コロナウイルス感染症が広がってから、外出を控えたり、ジムや運動教室に通う機会がなくなったりした人も多い。続けてきた運動習慣が途絶えることで、心身が上調になってしまう恐れもある。自宅でできるテレビゲームは、人との接触を気にせず、健康に役立つ可能性がある。

千葉大の研究チームが着目したのは、2021年9月末時点で約1220万本売れ た、任天堂のフィットネスゲーム「リングフィット アドベンチャー《。指先でコントローラーを操作する通常のゲームと違い、リングを押したり引っ張ったりしながら運動メニューをこなすことで、冒険を進めるゲームだ。チームは「国民病《とも呼ばれる腰痛への効果を調べた。

チームの整形外科医、佐藤崇司さんによると、自覚する痛みの最大を10とすると5以上の腰痛を抱える人は5%程度いる。治療には痛み止めの飲み薬や湿布、麻酔による神経ブロック、心身のバランスをとる認知行動療法など、さまざまな方法がある。

だが、病変や搊傷が見当たらず原因がわからない腰痛などでは、こうした治療で効果がなかなかでないケースもある。そこで、かかりつけ医では改善せず、千葉大病院に紹介されて通院している「手ごわい《腰痛を抱える患者にリングフィットのゲームをプレーしてもらった。

患者40人を、ゲームをするグループ20人と、従来通り薬の治療をするグループ20人にわけて効果を比較した。ゲームのグループは、千葉大病院で週に1回40分、8週間にわたってプレーした。ゲームの開始時に設定する運動負荷のレベルは、患者が自由に設定した。

従来の治療のみのグループは、8週間後も痛みは軽減しなかった。一方で、ゲームのグループのほうは、腰の痛みが2~3割程度軽くなった。「腰痛の患者が毎週、楽しくこなせていて驚きました《と佐藤さんは話す。

心理面でも効果があった。アンケートで痛みとともに心理面についても尋ねたところ、ゲームのグループでは痛みに対する「自己効力感《も上かっていた。臨床心理士の清水啓介さんは「自分で改善できる、という自信がついたということです《と説明する。研究期間が終わった後も、自主的に運動を続けている患者もいるという。

リハビリにゲームを取り入れ、メーカーとゲーム機器を開発してきた佐賀整肢学園こども発達医療センターの高杉紳一郎副院長は、通常のテレビゲームも心身の健康に有用だとみている。操作は手と脳を同時に刺激し、攻略・上達したいという意欲を引き出す。加えて、「社会性をつくることができます《とも言う。子どもや孫の世代と共通の話題ができ、活発なコミュニケーシ ョンが生まれる、というわけだ。

高杉さんはゲームの特徴が、「フレイルを防ぐのに役立つかもしれない《と話す。フレイルは、加齢によって多様な心身機能が衰えることを指す。「運動上足だけでなく、意欲の低下や孤独といった状況によってもフレイルに陥りやすくなります《。テレビゲームは、こうした状況を改善するのに役立つという。

一方で、世界保健機関(WHO)は2019年、プレー時間を自ら制御できないなど、社会生活に問題が起きるゲーム依存を病気として認定している。高杉さんは「ほどほどに楽しむ、ということに尽きます《と話す。リングフィットのように体を動かすジャンルのゲームについても、佐藤さんは「プレー後に痛みが悪化しない程度に楽しんで《としている。(野中良祐)
 


(出典:朝日新聞、2022/01/15)

戻る