【レンズ1枚で手元も遠くも】

はじめての老眼鏡

自宅でのテレワークで一日中パソコンに向かっていたら、どうにも目が痛くてたまらなくなった。ショボショボして涙が出るし頭痛もしてきた。もしかすると、老眼やスマホ老眼のサインかもしれない。

「老眼《は、加齢によって目の調節力が低下した状態だ。スマートフォンなどの見過ぎで同じように調節力が落ちている状態が、俗に言う「スマホ老眼《。こちらは年齢に関係なく起こる。

人は近くを見るとき、毛様体筋という筋肉を収縮させ、水晶体を厚くして近くにピントを合わせている。ところが、加齢で水晶体が弾力性を失うと、十分に厚くすることができず、近くが見づらくなる。これが老眼。近視や遠視の人も、普段使っている眼鏡やコンタクトレンズをつけた状態で手元が見づらくなったら老眼のサインだ。

老眼を放っておくと、さまざまな症状が現れてくる。無理に近くを見続けると、毛様体筋ががんばり過ぎて疲れてしまい、目の奥の痛みだけでなく、頭痛や肩こり、めまいや吐き気といった全身症状が現れる。

梶田眼科の梶田雅義院長は「老眼は早いと35歳くらいから始まります。『ちょっと目が疲れる』くらいのうちに、早めに眼科を受診してください《と話す。

はじめての老眼鏡なら、眼科で処方箋を書いてもらうと安心だ。眼科では、視力や屈折、調節力などの基本的な検査のほか、緑内障などの病気がないかも調べる。

老眼鏡というと、手元用の単焦点や、小窓のついた二重焦点のレンズを想像する人も多いかもしれない。だが最近は、遠くから手元までを一つの眼鏡で見る、遠近両用の「累進屈折カレンズ《が処方のスタンダードになっているという。

「今の時代、スマホやパソコン、話し相手の顔など、日常生活で見る距離が多すぎて、単焦点で対処するのは無理がある《と梶田さん。レンズの両脇に像がゆがむ領域があり、はじめは違和感があるが、慣れると気にならなくなる。

一方、年齢にかかわらず目の調節力が衰えてしまう「スマホ老眼《。スマホやパソコンといった手元のものを見続けることで水晶体が戻らなくなり、遠くを見ようとしてもピントがうまく合わない状態という。

「コロナ禍で自粛生活が増えた頃から急激に増えています《と梶田さん。「目が疲れ る《「眼鏡が合わない《などと訴えて受診する人が多く、10代の患者もいるという。

放っておくと、老眼と同様に目の痛みや頭痛、肩こりなどが生じてくる。対処法は、老眼鏡と同様に近くが見やすい眼鏡をつくること。予防法として「10分ごとに1~2秒でよいので、遠くを見るようにするのがおすすめ《という。

老眼鏡は、眼鏡店で直接つくることもできる。どんなことに注意したらよいのか。

眼鏡レンズ専門店「れんず屋《の古屋和義代表は「日常生活でよく見る距離を考えてレンズを選ぶとよいでしょう《と話す。焦点距離の目安は、屋外なら5㍍以上、室内のテレビなどは2~3㍍、パソコンは50~80㌢、スマホや読書なら30~40㌢だ。

一般に、近視や遠視などを矯正する単焦点の眼鏡は、5㍍先に焦点が合うように作られている。それより近い領域は目の調節力を使って見ているため、近くを見続けると疲れてしまう。最近は、パソコンの距離を見やすくした「アシスト設計《の累進屈折カレンズが若い人にも人気という。

レンズを決めたら、コーティングやフレームを選んで注文する。「マスクによる曇り《が気になる人は、レンズに塗るタイプの曇り止め剤もある。(鈴木彩子)


(出典:朝日新聞、2021/10/23)

戻る