【乳歯O本からスタート】

子どもの歯みがき

2歳の息子の歯みがきに毎日手を焼いている。「楽しく」を心がけているが、なかなか思うようにはいかない。妙案はないだろうか。

大人の唾液を介し感染するミユータンス菌が虫歯の主な原因だ。虫歯菌は食べかすに含まれる糖分をえさに歯垢(プラーク)をつくり、この歯垢の中でつくられる酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かすことで虫歯ができる。乳歯は永久歯に比べ、エナメル質が薄くて弱いため、虫歯になりやすく進行も早い。歯みがきで歯垢を落とすことが虫歯の予防につながる。

歯みがきはいつから始めればいいのか。日本歯科大学病院の臨床教授で、テクノポートデンタルクリニック(東京都)の倉治ななえ院長は「歯が生え始める前から『歯固めブラシ』をかませたり、大人がガーゼや専用ブラシでマッサージをしたりしてほしい」と話す。子どもが囗の中を触られても気持ちいいと感じることで、歯ブラシをスムーズに使えるようになるという。

歯が生えたら月齢や歯の本数に合った歯ブラシを選ぶ。子どもが自分で使う歯ブラシと、大人が仕上げみがきに使う歯ブラシは分け、子ども用はのど突きを防ぐタイプを選ぶ。東京都の2017年の発表によると、歯ブラシ中のけがは1歳が48%、2歳が31%を占めた。

大人が楽しそうに歯をみがいたり、歯みがきに関する絵本や映像を見せたりしても興味を示さない子もいる。そんな時は使われなくなった歯ブラシを子どもに持たせ、子どもが好きなぬいぐるみや人形の囗の中をみがかせてみよう。例えば「〇〇ちゃんに歯みがきを教えてあげて」と言って、子ども自身を先生役にすることがポイントだ。

倉治さんは「ふだん子どもは何かを教わったりさせられたりすることが多い。自分が先生役になるとやる気が出る。弟や妹がいない子に特に効果がある」と勧める。

それでもまだ嫌がる子には、「1を数える間だけみがくね」と約束する方法を試してほしい。大人は長めに「いーち」と数えながら仕上げみがきをする。数え終わったら約束通り手を止め、「やったね!」「すごいねよなどと一緒に喜ぼう。子どもの機嫌が良ければこれを繰り返し、全部の歯をみがく。嫌がったら無理せず、1日ずつ「いーち」の回数を増やしていく。

仕上げみがきの注意点がいくつかある。上唇の裏にあるひだ「上唇小帯」に歯ブラシがあたると痛い。大人は歯ブラシを持つ手とは反対の手の人さし指や中指で上唇小帯を覆いながらみがくといい。

エナメル質を強くするフッ素入りの歯みがき剤は適量を守って使いたい。倉治さんによると、子ども向けの歯みがき剤なら2歳までは切った爪程度の少量、3〜5歳で5_メートル以下が目安だ。

倉治さんはキシリトール食品の摂取も勧める。キシリトールは虫歯菌を減らし、歯垢をとれやすくするなどの働きがある。大人向けにはガムが一般的だが、子ども用には万一にのどや気管に詰まっても呼吸ができる形状のタブレットなどが売られている。「歯みがきを頑張ったご褒美にもお勧め」という。

嫌がる我が子に歯みがきをするのは親もつらいが、「永久歯に生え替わるから手を抜いても大丈夫」と油断はできない。乳歯が虫歯になって抜けると永久歯の歯並びが悪くなる恐れがある。倉治さんは「子どもがその気になりそうな方法を小出しにして試しつつ、どうしてもうまくいかない時は歯科医に相談してほしい」と話している。(南宏美)



(出典:朝日新聞、2021/02/13)

戻る