【小豆 低脂肪・高たんばぐビタミンも豊富】

年始はなにかと行事が多く、食生活も乱れがちです。古くは縄文時代から食べられていた小豆は低脂肪で高たんばく。「ハレの日」や季節の節目に赤飯や小豆がゆを食べてきた伝統的な習慣に、倣ってみるのもいいかもしれません。

日本豆類協会によると、豆類は大きく「炭水化物を多く含むグループ」と「脂質を多く含むグループ」に分かれる。小豆は前者。後者の代表には大豆がある。日本食品標準成分表で、100cあたりの成分は乾燥小豆が炭水化物58・7c、たんぱく質20・3c、脂質2・2cに対し、乾燥大豆(黄大豆)はそれぞれ29・5c、33・8c、19・7c。小豆は「健康維持やダイエットに最適な低脂肪・高たんばく食品」(同協会)といえる。

ミネラルやビタミンも豊富で、100cあたり鉄が5・4_グラム、ビタミンB1が0・45_グラム、同B2が0・16_グラム。京都府立大の松井元子教授(食品調理学)は「鉄はレバー、ビタミンB群は豚肉などと同じぐらい含まれている」と語る。

小豆は、あんことして消費されることが多い。生クリームなどを使った洋菓子に比べ、小豆はカロリーも控えめ。「間食で洋菓子を食べることが多い人は、和菓子に置きかえてみては」と松井さんは勧める。とはいえ、食べ過ぎはカロリー過多になるので注意が必要だ。

大豆ではイソプラボンで知られるポリフェノール類が、小豆やあんこに含まれていることもわかってきた。菓子・食品製造の井村屋(津市)の研究では、糖類を摂取させたマウスに、小豆の煮汁から抽出したポリフェノール類を与えたところ、与えない場合よりも血糖値の上昇を抑制できた。別のマウス実験では腫瘍を抑える効果もみられたという。

人での効果はわからないが、煮汁100_リットル中のポリフェノール類は200〜300_グラム。赤ワインに匹敵するという。小豆をゆでる際、一般的にはゆで汁を捨て渋みを取る煮こぼしをするが、「積極的に摂取するには、渋みに注意が必要だが、煮こぼししない方がよい」と担当者は話す。(野中良祐)



(出典:朝日新聞、2019/01/12)

戻る