【コーヒーと健康 一日に数杯ならメリットの方が大】

かつて健康に悪いと、「ぬれぎぬ」を着せられていたコーヒー。しかし、近年は糖尿病や脳卒中などの心血管疾患、がんなどの予防につながる可能性も報告され、その健康効果が見直されています。

国立国際医療研究センターや国立がん研究センターなどのグループは7月、日本人のコーヒー飲用と大腸がんに関する研究を国際的ながん専門誌に発表した。国内の八つの大規模な疫学研究から32万人以上のデータを集め、総合的に分析した。その結果、女性ではコーヒーを1日3杯以上飲む人は1杯未満の人に比べ、大腸がんの一種「結腸がん」になるリスクが20%低かった。男性や大腸がん全体でも、統計的に意味があるほどの差ではないが、下がる傾向がみられた。

国立国際医療研究センターの溝上哲也疫学・予防研究部長は「大腸がんは女性・大腸がんのがん死亡の第1位。リスクを高める飲酒、肥満、喫煙が男性より少ない女性で結腸がんのリスクを下げることを示すデータが得られたことは予防上意義がある」。インスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」を抑えるなどコーヒーの様々な作用が、糖尿病や大腸がんの予防につながると溝上さんは見る。

数千人、数万人規模を長年追跡調査した疫学研究を複数まとめて評価する今回のような研究を、「メタ解析」と呼ぶ。

滋賀医科大の旦部幸博講師は、コーヒーと各種の病気のメタ解析の情報を集めている。2型糖尿病、心血管疾患、肝がんなどでリスクを下げる効果が認められた。一方、膀胱がんなどのリスクは上げていた。カフェインの作用が疑われているが、はっきりしないという。旦部さんは、全体の総死亡数に注目する。コーヒーを飲まないより飲んだ方が、数%程度だが全体の死亡率を下げていた。

ただし、コーヒーは嗜好品。野菜や果物などと異なり、厚生労働省などが摂取を積極的に勧めることはないという。

「コーヒーが嫌いな人や、飲む習慣がない人が無理する必要はないが、1日に3、4杯程度ならばデメリットよりもメリットの方が大きいと言えるのではないか」と旦部さんはいう。(鍛治信太郎)



(出典:朝日新聞、2018/11/17)

戻る