【ハートレシピ 食を通して心臓の健康に関心を】

心臓の病気の予防・啓発に取り組む日本心臓財団と医療機器メーカーのエドワーズライフサイエンスが、塩分を抑え、野菜を多く使った心臓にやさしい「ハートレシピ」をつくり、普及を因っています。手軽で作り置きもできるので、家庭での減塩対策に役立ててみてはいかがでしょうか。

塩分をとりすぎると、水分をとる量が増え、血液量も増えて血圧が上がり、心願に負担がかかる。高血圧が続くと心筋梗塞や狭心症を引き起こすぼか、心不全や弁膜症などの心臓の病気も悪化遷せる。心臓に負担をかけるホルモンが活性化することもわかってきているという。

東京ベイ・浦安市川医療センター(千葉県浦安市)の渡辺弘之・ハートセンター長は「毎日の食事を通して塩分皇を減らすことが大切。うどんなどの麺類にも塩分が含まれている。外食や出来合いの惣菜には、思っている以上に塩分が入っている場合があるので注意が必要」と指摘する。塩分の排泄を促すカリウムを多く含んでいる、野菜類をたくさん摂取することも大切だ。

食を通して心臓の健康に関心を持ってもらおうというハートレシピは、201 5年から始まった。このレシピでは塩分摂取量を1日6グラム未満、野菜の摂取量を1日350グラム以上となるように設定。これまでは心臓病の対策に力を入れる自治体と組んで、地元の食材を使ったレシピを開発してきた。今年は一人暮らしの人でも手軽にできて、作り置きしやすいメニューを提供しようと、スクランブルエッグや豆入りドライカレーと野菜のピクルス、肉だんごの野菜たっぷり甘酢あんなど、朝食から夕食まで各3憩類、計9種類のレシピを考案した。

レシピを監修した管理栄養士の森田陽子さんは「『減塩食は食べた気がしな い』と患う人がいるが、ニンニク、ショウガ、カレー粉など香りの高い食材や酸味を使うことで、塩が少なくてもおいしく、食べやすくなっている」と話す。

レシピの詳細は、同財団の専用サイト(http://www.jhf.or.jp/heart_re cipe/)に掲載してある。(土肥修一)



(出典:朝日新聞、2018/10/27)

戻る