【乳酸菌の効果 死菌でも起こる免疫の活性化】

サラダチキンやスナック菓子、納豆、もずく……。最近、思いがけない食品に 「乳酸菌」が入っています。使われているのは加熱処理して死んでいる「死菌」です。生きた菌(生菌)と死菌とでは、健康への効果にどのような違いがあるのでしょうか。

従来、健康に良いと期待できる菌と言えば、「生きて腸まで届く」ことをうたい文句にした、ヨーグルト製品に入った乳酸菌やビフィズス菌を思い浮かべた。

微生物に詳しい東京工業大生命理工学院の山本直之教授によると、ヨーグルト製品などに使われている乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸内に到達すると、腸内の栄養素や食物繊維などを分解し、乳酸や酢酸を産生する。乳酸や酢酸には腸の粘膜の機能を高めたり、有害菌を排除する働きがある。また、乳酸や酢酸で腸内が酸性化すると、腸壁が刺激されて蠕動運動が活発になり、便通がよくなると考えられている。

一方、食品が大腸に到達する前に通る小腸の腸壁には免疫組織があり、そこを乳酸菌などが通過すると菌体の一部が免疫細胞に認識され、免疫が活性化する。

森永乳業研究本部素材応用研究所の岩淵紀介・主任研究員は、「様々な研究から、腸管免疫の活性化は菌体の成分や構成要素によって起こるため、菌が死んでいても生菌と同じように活性化が起こるとわかっています」と説明する。

同社は2014年から加熱処理した乳酸菌の死菌を「シールド乳酸菌」として発売している。死菌なので加熱して製造する食品にも使えるため、食パンや即席みそ汁などこれまでに約250種類の製品に使われている。

生菌と死菌をどう食べ分けたらいいのか。山本さんは「整腸作用を期待するなら生菌の方が効果が高いと思われますが、免疫機能の活性化ならどちらも同じです。むしろ、多種類ある乳酸菌すべての健康効果が確認されているわけではないので、効果が検証された『特定保健用食品(トクホ)』『機能性表示食品』かどうかなどをチェックして選ぶ方が賢明です」と指摘する。(大岩ゆり)

大坂なおみ選手がテニスの全米オープンで初優勝したニュースを見て、自分でラケットを握りたくなった方もいるのでは。そんな方に朗報です。実は「テニスは最も健康なスポーツ」という研究があるんです。どういうことでしょうか。

英国のオックスフォード大学などの研究チームは運動と健康の関係を調べるため、@テニスースカッシューバドミントンなどのラケットスポーツAランニングージョギングなどの走るスポーツBサイクリングCスイミングDエアロビクスEサッカー・ラグビーの六つの分野と死亡リスクを調査。論文を英国スポーツ医学会誌に2016年に発表した。

調査開始時の平均年齢52歳の男女8万306人を、平均で9年にわたって追跡調査した。すると、運動をしない人に比べ、全死亡リスクが最も低かっだのはテニスなどラケットスポーツをしている人で47%減。次いでスイミングの28%減、3位がエアロビクスで27%減、4位がサイクリングで15%減だった。

心臓血管疾患の死亡リスクを比べても、最も低かっだのがテニスなどで56%減、2位がスイミングで41%減、3位がエアロビクスで36%減だった。飲酒や喫煙などほかの要因もあわせて調整した結果だ。一方、ランニングなどそのほかのスポーツと死亡リスクには、統計学的にはっきりした関係はみられなかった。

日本テニス協会医事委員会の別府諸兄委員長は「テニスでは、ただ走るだけでなく、ボールを追いかけ、楽しみながら足腰の筋力が鍛えられます」と話す。

一度もラケットを握ったことがないという人には「スポンジボールテニス」もおすすめだ。地域によって「スポンジテニス」「フレッシュテニス」とも呼ばれる。体育館などでバドミントン用のコートを使い、小さめのラケットやスポンジ製のボールでプレーする競技だ。スピードが速くないので、テニスをしたことがない人でもラリーを続けやすい。

全国スポンジボールテニス協会の矢野浩敏事務局長は「スポーツの経験がない高齢者の方でも入門しやすく、楽しめます」と話す。(小堀堀龍之)



(出典:朝日新聞、2018/10/06)

戻る