【最も健康なスポーツ 追跡調査で死亡リスクが低かったテニス】

大坂なおみ選手がテニスの全米オープンで初優勝したニュースを見て、自分でラケットを握りたくなった方もいるのでは。そんな方に朗報です。実は「テニスは最も健康なスポーツ」という研究があるんです。どういうことでしょうか。

英国のオックスフォード大学などの研究チームは運動と健康の関係を調べるため、@テニスースカッシューバドミントンなどのラケットスポーツAランニングージョギングなどの走るスポーツBサイクリングCスイミングDエアロビクスEサッカー・ラグビーの六つの分野と死亡リスクを調査。論文を英国スポーツ医学会誌に2016年に発表した。

調査開始時の平均年齢52歳の男女8万306人を、平均で9年にわたって追跡調査した。すると、運動をしない人に比べ、全死亡リスクが最も低かっだのはテニスなどラケットスポーツをしている人で47%減。次いでスイミングの28%減、3位がエアロビクスで27%減、4位がサイクリングで15%減だった。

心臓血管疾患の死亡リスクを比べても、最も低かっだのがテニスなどで56%減、2位がスイミングで41%減、3位がエアロビクスで36%減だった。飲酒や喫煙などほかの要因もあわせて調整した結果だ。一方、ランニングなどそのほかのスポーツと死亡リスクには、統計学的にはっきりした関係はみられなかった。

日本テニス協会医事委員会の別府諸兄委員長は「テニスでは、ただ走るだけでなく、ボールを追いかけ、楽しみながら足腰の筋力が鍛えられます」と話す。

一度もラケットを握ったことがないという人には「スポンジボールテニス」もおすすめだ。地域によって「スポンジテニス」「フレッシュテニス」とも呼ばれる。体育館などでバドミントン用のコートを使い、小さめのラケットやスポンジ製のボールでプレーする競技だ。スピードが速くないので、テニスをしたことがない人でもラリーを続けやすい。

全国スポンジボールテニス協会の矢野浩敏事務局長は「スポーツの経験がない高齢者の方でも入門しやすく、楽しめます」と話す。(小堀堀龍之)



(出典:朝日新聞、2018/09/29)

戻る