【「天気痛」に備える 強まるタイミングを知ることから】

雨や台風の季節です。天気が悪くなると頭が重くなったり、関節が痛くなったりしませんか。天気の変化による痛みと上手に付き合う方法を調べました。

天気の変化による体の不調は「気象痛」と総称される。めまいや肩こりなどが起こる場合と、頭痛や関節痛、古傷の痛みなどが悪化する「天気痛」が起こる場合がある。

なぜ天気と体調が関係するのか。メカニズムの解明も進んできた。「温度や湿度など気象の変化の中でも、特に気圧の低下が気象痛の引き金になっている」と、慶応大学医学部神経内科非常勤講師の舟久保恵美さんは話す。

ラットの実験では、気圧が下がった直後に痛みが増強することが分かった。動物実験などでは、平衡感覚をつかさどる内耳で気圧の変化をキャッチすると、交感神経の興奮が起こるという。天気によって体調が悪くなってしまう人は、自律神経のバランスがうまく取れずに、めまいが起こったり、頭滞がひどくなったりしてしまうと考えられている。

天気痛で困らないようにするには、どうしたらいいのか。舟久保さんは「まずは、どういうタイミングで痛くなるかを知ることが大切」と、痛みが強まった時を、その日の天気と共に記録することを勧める。「頭痛ダイアリー」は日本頭痛学会のホームページなどで入手できる。

その上で天気予報などをこまめにチェックし、天気が悪化しそうな日には、できるだけ大きな予定を入れないなどの備えをすれば良いという。最近では、気圧の急激な低下を知らせてくれるアプリもある。変更できない予定があるときは、乗り物酔いの薬をあらかじめ飲んだり、気圧変化の影響を抑える飛行機用の耳栓を使ったりすることも有効だそうだ。

日頃から、首のストレッチをして首や耳周りの皿流を良くすることも予防に役立つという。規則正しい生活をする、寝る前のスマネを控えるなど自律神経の乱れを整えることも重要だ。丹久保さんは「痛みは天気の変化が影響することもあると知って対策してほしい」と話す。(月舘彩子)



(出典:朝日新聞、2018/06/23)

戻る