【外反母址を防ぐ 軽症のうちは運動療法で改善も】

ヒールの高い靴はほとんどはかないのに、足の親指が人さし指の方に曲がり、外反母趾気味です。どうつきあえばいいのか調べました。

「外反母址の原因は靴だけではない。扁平足(へんペいそく)気味だったり親指が人さし指より長かったりといった生まれつきの足の形や、加齢など、稜々な原因で起こる」と下北沢病院(東京都世田谷区)の菊池恭太・足柄総合センター長は説明する。

診断は、親指の曲がっている角度による。菊池さんによると、レントゲン撮影で親指の付け根部分の骨の角度を測り、内側に曲がった角度が20度以上なら外反母址。20〜30度未満は軽症、30〜40度未満は中等度、40度以上は重症となる。

自覚症状と重症度は必ずしも一致せず、軽症でも痛みの強い場合もある。治療は自覚症状や日常生活への支障の大きさにより選択する。痛みがひどい場合などは手術で骨の一部を切るなどして、出っ張りを緩和することもできる。

軽症〜中等度で痛みも軽い場合は、靴の中敷き(インソール)で足の形を適切に矯正して支えるほか、体操やストレッチなどの運動療法で悪化を防ぐ。

「インソールで外反母址が改善するわけではないが、親指に過剰な負荷がかからないよう足の形を補正して歩けば悪化が予防できる」と菊池さん。

軽症の場合は、運動療法で多少は変形の改善も期待できる。「ただし、間違った方法で行うと逆効果で変形を悪化させるので注意して下さい」と下北沢病院リハビリテーション科の理学療法士、武田直人さんは警告する。

「ホーマン体操」は、曲がった親指を伸ばしてストレッチするのが目的で、親指に力を入れずに行うのがひけつだ。アキレス腱のストレッチやふくらはぎの筋肉を鍛える体操により足の機能や歩き方が改善すれば、親指の付け根にかかる負担が軽減され、親指の変形が進むのを防ぐと期待できる=図参照。

足の指を「パー」に開く体操や、親指の付け根からかかとの内側にかけてを指でグリグリと押すマッサージも悪化防止に役立つという。(大岩ゆり)


(出典:朝日新聞、2018/05/19)

戻る