【グラウンドゴルフ 手軽に自分なりにプレー、シニアに人気】

ボールをクラブで打ってゴルフのパットのように転がし、「ホールポスト」に入れて楽しむ「グラウンドゴルフ」が人気です。愛好者は360万人。シニアスポーツの代表格になっています。

千葉県の生涯学習団体「いきいき大学」の教室を訪ねた。千葉市の広場に週1回、20人前後が集まって楽しんでいる。グラウンドゴルフは普通のゴルフと違い、場所に合わせてコースの数や距離を設定できる。この教室では「標準」より多い、9ホールを設け、距離に関係なく各ホールとも3打を「パー」としていた。途中に障害物を置いて難易度を調整するなど、独自の工夫もある。

2時間近くかけて3ラウンドを回った大高潜行さん(83)は「最適の運動量です」と許した。「参加者のレベルや好みに合わせて、自由に楽しめる」と、部長の藤原弘さん(85)はいう。

記者も試してみた。スタートマットにボールを置き、マットから15〜50b離れた場所に置いたホールポストを目指し、木製の専用クラブで打つ。そのたび、思わず小走りにボールを追いかける。結局、10打も余計にたたいたが「初心者にしては立派」とおだてられた。ちょっと良い気分になった。

日本グラウンド・ゴルフ協会のスポーツドクター、佐藤広之・目白大教授は「若いころはスポーツを楽しんでいたのに、シニアになってやめる人も多い。グラウンドゴルフは、軽めの運動を長く続けられる利点がある」という。

2年前、愛好者と一般高齢者の計525人を調査したところ、愛好者は「椅子からの立ち上がりテスト」などが好成績で、要介護になるリスク度が40%以上も低かった。

調査前は「運動量としては少ないのでは」と懸念したが、実際に観察すると参加者はマイペースでしっかりと歩行数などを確保していた。「自分の体に自信を持つことで、転倒などの不安も減り、積極的な活動に結びついている」と佐藤教授。仲間と一緒に楽しむことで、心の健康にもなるそうだ。(伊藤隆太郎)



(出典:朝日新聞、2017/12/09)

戻る