【ニキビを治す 治療薬が続々、毛穴開き悪化防ぐ】

「青春のシンボル」とも言われるニキビ。大人でも出来てしまうことがあります。近年は、新しい治療薬が次々と承認され、医療機関でのニキビ治療が大きく変わりつつあるようです。

毛穴から出てくる「皮脂」には、皮膚の表面を覆い、健康な状態に保つ役割がある。しかし、皮脂の分泌が多くなって毛穴の出口が狭い状態になると、ニキビの発生につながる。

毛穴の出口が角質化して詰まると、皮脂が外に出なくなってしまう。プツプツした白い点に見え、痛みのない状態は「白ニキビ」と呼ばれる。

白ニキビを放っておくと、皮膚の内側でアクネ菌が増殖を始め、悪化する。アクネ菌は普段から皮膚の毛穴にいるが、皮脂が多くなると増え、炎症を起こす物質をつくる。毛穴の周りが炎症で赤く盛り上がるため「赤ニキビ」と呼ばれる。

ニキビを悪化させないためには、1日2回程度、せっけんで洗顔し、毛穴をつまらせる皮脂を落とすことが大切だ。必要以上にニキビに触ったり、つぶしたりするのは良くない。治療の際に医師が器具を使って皮脂などを取ることはあるが、自分でむやみにつぶすとニキビ痕を残す原因にもなりかねない。また、髪の毛で隠そうとすると、毛が触れることで悪化させてしまう。ヘアスタイルを工夫する必要がある。

アクネ菌には抗生物質が効く。ただ、初期の段階では毛穴の出口が角質化して詰まっており、浸透しにくかった。そこで、角質の層を薄くし、毛穴を開いて皮脂を出やすくする「アダバレン」という処方薬が2008年に承認された。

14年末には抗菌作用と角質をはがす作用がある「過酸化ペンゾイル」(BPO)が承認された。さらに、15年にBPOと抗菌薬の配合剤、16年にBPOとアダバレンの配合剤が承認された。

滋賀県立成人病センターの宮地良樹院長(皮膚料)は「アダバレン以降、それぞれの段階で効く薬が出てきて、治療の武器がそろった」と話す。(合田禄)

◇医療サイト・アピクルにもっと情報



(出典:朝日新聞、2017/07/08)

戻る