【高カカオチョコ 腸内の善玉菌を増やし便通改善】

カカオ分70%以上の高カカオチョコレートを店頭で見かけませんか。ちょこっとでも腸の調子を整えることが分かってきました。

チョコの成分で有名なのはカカオポリフェノール。認知症の予防や動脈硬化のリスク軽減などの効果があることが、2014年から愛知県蒲郡市で行われた市民347人を対象にした健康調査でわかった。一方、この調査で「便通が改善した」という声も聞かれた。ポリフェノールでは説明できない結果だった。

「カカオたんばく質が関わっているのでは」と帝京大の古賀仁一郎准教授(食品科学)は考えた。古賀さんは機能性が未解明だったカカオたんばく質の抽出・分離に初めて成功。大豆や牛乳のたんばく質と比べて消化されにくく、大腸まで届くことを明らかにしていた。大腸には500兆個以上の腸内細菌がすみ、食物繊維などを餌に腸内環境を整えている。

菓子メーカーの明治と共同で、便秘気味の女性31人を2群に分け、カカオ分72%の高カカオチョコと、カカオたんばく質を含まないホワイトチョコを、それぞれ毎日25c、2週間食べてもらった。

すると、ホワイトチョコの群は変化はあまりなかったが、高カカオチョコの群は排便回数が週2・8回から4・9回に、1回の排便量も2倍以上増加。便秘解消が裏付けられた。「結果にびっくり」と古賀さん。女性たちの腸内細菌を調べると、「フィーカリバクテリウム」が約2・5倍増えていた。この菌はあまり知られていないがビフィズス菌、乳酸 菌と同様に善玉菌だ。

この菌から作られる酪酸は大腸の粘膜を刺激し、便通改善の効果がある。古賀さんは「カカオたんばく質が善玉菌の餌になり、腸内環境が改善した」と話す。

厚生労働省の13年の調査では便秘に悩む人は約470万人で女性に多い。高カカオチョコの機能を研究する愛知学院大の大沢俊彦教授(食品機能化学)は「日常の食事習慣の中で少しずつ食べることが大切」と助言する。少量でも様々な効果が出るので、カロリーも気にするほど ではないという。(石倉徹也)


(出典:朝日新聞、2017/01/21)

戻る