【「ヒートショック」予防 風呂やトイレの温度差小さく】

寒くなってきました。この時期に注意したいのが家の中の温度差。暖房のきいた部屋から寒い風呂場やトイレに行くと、急激な血圧の変化で「ヒートショック」と呼ばれる事故が起きやすくなります。どうすれば防げるのでしょうか。

東京都健康長寿医療センター研究所の高橋龍太郎・前副所長は「寒い風呂場やトイレでは温度差による急激な血圧の上下変動でヒートショックが起きやすい」と話す。高橋さんらは全国の消防本部への調査結果から、ヒートショック関連で入浴中に亡くなる人は年間1万7千人(2011年)に上り、うち8割は高齢者と推計する。冬場に多く、最多の1月は、最少の8月の11倍に上ったという。

冬場に寒い脱衣場で服を脱いだ際に血圧は急上昇、さらに熱い風呂に入ると次第に血管が広がって血圧は低下に転じる。こうした血圧の急変動が心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしたり、失神による溺死死につながったりすると考えられる。

どうすれば防げるのか。入浴に詳しい早坂信哉・東京都市大教授(入浴医学)は「温度差を小さくするのが基本。脱衣場や浴室を暖め、風呂の温度は熱すぎないように」と話す。ぼかにも水分不足による熱中症を防ぐために入浴前の水分補給なども効果的だという。

また早坂さんは「高齢者以外でもメタボ気味の人などは注意が必要」と話す。肥満や高血圧の人は血管の老化が進んでいるのでヒートショックが起きやすいからだ。飲酒後・食後すぐの入浴は避ける、末端の手足の先から順にかけ湯することなども助言する。

トイレの場合は、寒さによる血圧上昇に加え、排泄時に息をこらえていきむことで脳や心臓の血管障害が起きるおそれがある。順天堂大静岡病院の柳川洋一教授(救急診療科)は「特に基礎疾患がある方は心筋梗塞や脳出血などの危険がある」と話す。柳川さんが過去にトイレでの救急搬送例を調べたところ、心疾患は冬場に多かった。お風呂同様にトイレを暖めることに加え、「便秘気味の人は食生活の見直しや下剤服用などでスムーズな排便を」と話している。(川村剛志)


(出典:朝日新聞、2016/11/26)

戻る