【むくみ対策 体を動かし、塩分取りすぎ避ける】

露出が増える夏。同時に、足などのむくみも気になる季節です。むくみを解消するには、どうすればいいのでしょうか。

むくみとは、皮下の細胞と細魔の間に水分が余分にたまった状態のこと。心臓病や腎臓病、アレルギーなどの病気によるむくみと、健康な人でも起こる生理的なむくみがある。

慶応大学病院稔合診療科の林松彦・診療部長によると、夕方になると靴下の跡がついたり、靴がきつくなったりする程度ならば自然なむくみ。特に女性は、ホルモンバランスの変化によりむくみやすい。一方で、体重が朝夕で著しく増加したり、継続的に増加したりする場合は病気が隠れている可能性があるという。

健康な人のむくみを解消するには、「体を動かし、塩分を取りすぎないこと」と林さんは話す。足の血流を良くし、食べ物は「練り物、漬物、みそ汁、梅干しなどに注意」。塩分の多いものを食べがちなお酒の席にも気をつけたい。

また、カリウムは体内から塩分を排出し、水分を調節する利尿作用があるため、むくみ解消に役立つ。ただ、心臓病や腎臓病の人、普段から高血圧の薬を服用している人は体内にカリウムをため込みやすく、医師に相談が必要だという。

カリウムが豊富な食材をおいしく摂取する方法を、管理栄養士の北川みゆきさんに聞いた。北川さんによると、「夏野菜はカリウムの宝庫」。トマト、スイカ、モロヘイヤ、オクラ、なすなど、夏が旬の野菜にカリウムが豊富に含まれる。カリウムは水溶性で熱に弱いが、夏野菜は生で食べられるものが多い。

北川さんのおすすめレシピは、山形の郷土料理「だし」をアレンジしたもの。きゅうり、なす、トマト、オクラ、ミョウガ、しそを5_角に切り、白だしやめんつゆ、しようゆなど好みの調味料であえる。ごま油やすりごまを入れ、冷ややっこやご飯にかけると、さっばりおいし く食べられるという。「カボチャやトウモロコシもカリウムが豊富。ただ糖質も多いので食べ過ぎには注意が必要です」と北川さんは話す。(松本千聖)



(出典:朝日新聞、2016/06/25)

戻る