【スポーツと脳震蘯(のうしんとう) 体に強い衝撃…症状ないか注視】

スポーツで体を激しくぷつけたら、脳震蘯を撃」しているかもしれません。外見で判断できないことも多いので注意が必要と専門家は警鐘を鳴らしています。

東邦大学医療センター大橋病院の中山晴雄講師(脳神経外科)によると、脳震蘯は強い衝撃が脳に伝わった時に起こる。頭をぷつけなくても、体から衝撃が脳に伝われば起こりうる。

主な症状は頭痛、めまい、ふらつき、力が出ない、集中できない、記憶障害などで、日本臨床スポーツ医学会などが評価法を示している(=図)。意識を失わいケースが9割以上という。症状は短時間で消えることもあるが、数週間以上続くこともある。脳震蘯の自覚がなく、周囲も認識せずに、運動を続けて脳震蘯を繰り返すケースがあるとみられる。繰り返すと、軽い衝撃で頭痛やふらつきを自覚しやすくなったり、脳の出血など命 にかかわる病気にもつながりかねない。

中山さんらは、さまざまな競技で女子の参加が増えていることに注目する。女子は骨格や頭を支える首の筋肉が男子より弱いことが多い。女性のバスケットボール選手は男子より脳震蘯になる率が高いという米国のデータもある。接触や転倒が多い競技では、注意が必要だ。体幹を鍛えて強い体にするとともに、柔軟性を身につけ、トレーニングでけがをしない動作を覚えることが重要だという。

日本脳神経外科学会は、スポーツによる脳損傷予防のための提言を発表した。スポーツの現場で脳震蘯に対する認識が不十分だと指摘されているからだ。

提言によると、脳震蘯を起こしたら、ただちに競技・練習への参加を停止する。復帰は症状が完全に消失してから。脳損傷や硬膜下血腫ができたときは、競技・練習に復帰するべきではないとした。

練習を再開するときは、リスクが高いメニューを避け、少しずつ負荷を上げる段階的な復帰をする。中山さんは、復帰前に「脳震蘯を起こした原因を突き止めることが重要だ」と話す。身体能力や苦手な動作などを見極め、けがをしない環境を作ることも大切だという。(瀬川茂子)



(出典:朝日新聞、2016/06/04)

戻る