【ストレスは一人で抱えず発散を 五月病】

新社会人など4月から新たな生活を始めた人の中には、1カ月ほど経つと緊張の糸が切れ、心身に様々な症状が出る人がいます。いわゆる「五月病」です。

五月病は、新年度間もない5月になると、心身の調子を崩す人が増えることに着目し、その状態を表現した日本特有の俗称で、医学的な病名ではない。

精神科医で心の杜・新宿クリニック(東京)の菊地孝則院長によると、様々な精神疾患や状態が含まれるものの、その多くは「適応障害」だという。ストレスの多い環境への適応が限界を超え、心身の不調をきたす障害で、主な症状は身体面、行動面、精神面の三つ=イラスト参照=に変化が出るという。

この状態に陥りやすいのは、新しい環境への期待が高すぎる人、完壁さを求める人、孤立しやすい人などだという。菊地さんは「似たような悩みを抱えた人は周囲に多くいる。自分だけがそういう状況だと深刻にならないこと」と話す。

対処の第一歩は、自分の変調に気づくことだという。周囲とのコミュニケーションも大事だ。誰かに悩みや愚痴を言うだけで人は楽になり、適応力を高められるそうだ。それでも不調が長引く時は、早めに精神科や心療内科などの医療機関を受診するか、学校や企業の健康相談の利用を菊地さんは勧める。

企業では新入社員にどんな対応を取ればいいのか。人材コンサルタント会社「マーチ」(東京)の宮本優希社長は、支援体制の充実を挙げる。同じ衆境を経験した若い先輩や配属部署と関係のない上司と話せる機会を作ることなどだ。ただ、今の若い人は仕事とプライベートを分ける傾向が強く、「就業後の飲み会などでやることは逆効果。勤務中での実施が鉄則です」と指摘する。

また、大型連休中の対策としては、業務の範囲にならない程度の課題を与えることを提案する。例えば、「競合他社の状況についてプレゼンをしてもらうから、よくイメージしておくこと」などだ。宮本さんは「仕事に対する意識をゼロにさせないことで、元に戻りやすい環境を作られる」と話す。(石塚広志)



(出典:朝日新聞、2016/04/16)

戻る