【運動のけが予防にも一役 テーピング】

本格的な春を迎え、久しぶりにジョギングなどで体を動かそうと考えている方もいるのではないでしょうか。そんな時に役立ちそうなテーピングの効果について、試したり聞いたりしてみました。

「かかとに体重がかかりすぎだね」 東京有明医療大で測定機器を使って記者が素足で立ったり歩いたりした際の足裏の荷重状況を調べてもらったところ、久米信好准教授に指摘された。非伸縮性のテープを使い、足裏のアーチ部分を補正するテーピングをしてもらうと、バランスが良くなった」

走る時などに足への負担を軽くしているのが、クッションとなる足裏のアーチだ。アーチは骨や筋肉などで保持されているが、筋肉が弱くて崩れたり、疲労でバランスが崩れたりする。

久米さんらの研究では、痛みを訴えて接骨院を訪れた患者らのアーチを非伸縮性のテープで補正。その結果、足裏の重心バランスなどが改善され、個人差はあるが、痛みの軽減も認められたという。

テーピングを学ぶ講習会は各地で開かれている。3月の名古屋ウィメンズマラソンに合わせて開催きれた「ピップ」のセミナーでは、1人でも簡単にできるように特殊加工されたテープを使用。「基本の走り方に導く」という足裏と足首、ひざのテーピングが紹介された。

女子100b、200bの元日本記録保持者で同社社員の小島初佳さんによると、人さし指側に傾いている親指を、伸縮性テープを使って(=イラスト参照)本来の位置に戻すと、地面をきちんととらえやすくなる。また、テーピングによって、外反拇指や偏平足の人、運動不足の人らにも、けが予防などの効果が期待できるという。

テーピングの方法は様々あり、土屋篤生・帝京平成大助教らが教える講習会にも参加してみた。ポイントの一つは、テープをそっと貼る部分と引っ張って貼る部分の使い分けという。土屋さんは「間達った方法で貼るとパフォーマンスが下がる可能性がある。また、痛みが続く場合などは専門家に診てもらった方がいい」と話す。(田内康介)



(出典:朝日新聞、2016/04/09)

戻る