【アマニ油で「オメガ3脂肪酸」をとる 一流アスリートも愛用】

最近、スーパーマーケットで売られているのをよく見かける「アマニ油」。昨年、サッカーのワールドカップブラジル大会直前に、日本代表選手の食卓をのぞいた時にもありました。成分に含まれる「オメガ3脂肪酸」を摂取するためだそうです。アマニ油にどんな効能があるのか、注目してみました。

   □  □

サッカー日本代表は野菜サラダにかけて食べる。代表の専属料理人である西芳照(よしてる)シェフは「アマニ油に含まれるオメガ3が体にいい」と薦める。スポーツ界ではプロ野球選手、プロゴルファー、陸上選手にも広がっている。奥山治美・名古屋市立大名音数援(脂質栄養生化学)は「他の食用油と比べて融点が低く、他の脂肪酸に優先して熱やエネルギーに変換されるので、脂肪として体に貯蔵されにくい」と特性を説明する。体脂肪を増やしたくないスポーツ選手に効果的なだけでなく、糖尿病の予防にもいいという。

アマニ油は亜麻という植物の種子から作られる。種子はゴマに似た形。日本アマニ協会によると、食用の亜麻はカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどで作られている。亜麻の種子は、欧米ではパンに練り込まれたり、シリアルとして食されたりと、よく知られている。

アマニ関連商品を2003年から取り扱う日本製粉によると「2年前から急激に市場が伸びている。市場の伸びと同様に2年前の5倍近い売れ行きだ」という。同社のボトル詰めのアマニ油は150cで定価918円(税込み)。食用油のなかでは少し高いが、品薄状態だ。

アマニには、体内で作ることができないオメガ3脂肪酸の一つであるα−リノレン酸が多く含まれている。オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の分類の一つで、サバやイワシなど青魚に含まれる。だが近年、食生活の変 化により、日本人には不足しがちと指摘されているものだ。

   □  □

厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、健康の保持・増進のために、オメガ3脂肪酸を成人1人あたり1日約2c取ることを勧めている。アマニ油なら小さじ1杯(4・6c)で1日相当分をとれるという。

奥山名書教授は「薬種、大豆などの油の代わりに、アマニ油を増やすことが大事になる」と語る。効能として、「動脈硬化や心臓病の予防になるという研究報告が一部で出ている」。米国の看護士師約7万人を18年間追跡調査した結果では、α−リノレン酸の摂取最多群は最少群に比べ、心臓突然死が少なかった。ただ、オメガ3脂肪酸の効能について、人間に対しての大規模な研究はまだ進んでいないという。

アマニ油の昧は無味無臭に近く、さらっとしており、料理の昧を損なわない。納豆、ヨーグルト、スープ、ジュースなどと一緒に、手軽に摂取できる。(吉田純哉)

[インフォメーション]

食べ飽きないように、アマニ油を使ったレシピは多様に考えられている。2004年に設立された日本アマニ協会のサイト(http://www.flaxassociaton.jp/index.html)ではアマニの歴史や効能などとともに、食べ方も紹介されている。また、アマニ油の入ったドレッシングやマヨネーズ、パスタソースなども売られている。




(出典:朝日新聞、2015/10/31)

戻る