【「動物の脂」過不足なく取り健康に 飽和脂肪酸 1日約20c】

  動物の肉の脂は、肥満や生活習慣病の元になるなどと何かと評判が悪いようです。しかし、欧米人に比べて肉を食べる量が少ない日本人では、肉の脂が足りないとむしろ健康に悪いという調査結果もあります。

   □  □

動物の脂に多く含まれる「飽和脂肪酸」を食べる量が多い人ほど脳卒中になる危険が低い。筑波大などが一昨年、そんな調査結果を発表した。岩手や沖縄など8県の約8万2千人を平均11年間追跡調査。肉やバターなどの食事量から飽和脂肪酸の摂取量を推定し、脳や心願の血管に関わる病気「循環器病」の発生率を調べた。

飽和脂肪酸の摂取量で全体を5群に分けると、もっとも多い1日あたり21・6−96・7cの群はもっとも少ない0・8−11 ・7cの群に比べ、脳卒中の発生率が23%少なかった。

心筋梗塞は、逆に摂取量のもっとも多い群がもっとも少ない群より39%発生率が多かった。日本人は欧米などに比べ、脳卒中の発生率が多く、心筋梗塞は非常に少ない。そのため、これらを含む循費器病全体では、飽和脂肪酸の摂取量が多い方が発生率が18%少なかった。

調査をした筑波大の山岸良匡講師は「飽和脂肪酸は、欧米人に多い心臓や脳の太い血管がつまる病気は増やすが、日本人に多い脳の細かい血管が出血したり、つまったりする病気を減らすのではないか」とみている。

日本人で飽和脂肪酸の摂取量がもっとも多かった群でも米国人の調査でもっとも少なかった群よりかなり少なめ。日本人と欧米人の中間ぐらいにちょうどいい量があるとも考えられるという。山岸さんらは1日平均で20c前後を勧める。約150cの肉を2日に1回と、毎日コップ1杯(200c)の牛乳を合わせた程度の量だそうだ。

   □  □

脂肪酸は油脂の主成分で、飽和脂肪酸が多い固体のものを脂、不飽和脂肪酸の多い液体のものを油と区別することもある。油脂とその原料である脂肪酸などの総称が脂質だ。

「リノール酸の多いサラダ油やゴマ油が健康にいい」「オレイン酸の多いオリーブオイルがダイエットに効く」「魚に多いDHA、EPAは動脈硬化を防ぐ」

過去、いろいろな油の健康ブームがあったが、その裏で肉の脂や飽和脂肪酸は常に悪役だった。だが、リノール酸などn−6系不飽和脂肪酸は血栓の原因になるという動物実験もあり、オレイン酸などの一価不飽和脂肪酸も心臓病の危険を減らすという研究と増やすという研究があり、はっきりしない。

奥山治美・名古屋市立大名音数授(脂質栄養生化学)は「動物実験などで特に問題の出ていない油脂を使うのがいい」という。バター、ラードなどのほか、植物性ならアマニ油、エゴマ油などを勧める。ただし、余計に取ってやせる油はない。取りすぎて肥満にならないことが重要だ。(鍛治信太郎)

[インフォメーション]

食品や栄養素と病気の関係に関する調査結果は国立がん研究センターのサイト「http://epi.ncc.go.jp/jphc/」にある。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html)は、飽和脂肪酸などを含む食品を制限すると、特に高齢者は低栄養になる可能性があると肇告している。




(出典:朝日新聞、2015/08/01)

戻る