【日焼け止め工夫し、紫外線とつき合う 1日15分日光浴も大事】

5月から8月にかけて、太陽からの紫外線が1年で最も強い時期。日焼け止めや日光浴など、紫外線とのつきあい方をまとめてみました。

   □  □

紫外線が肌に当たると、肌の浅い部分(表皮)で活性酸素ができ、細胞や組織を酸化させ、変質させてし事つ。皮膚が炎症で赤くなり、さらに、表皮の色素細胞がメラニン色素を作り、肌が黒く怒る。これが続くと肌の老化やしわ、ぼくろ、ひどい時は皮膚がんの原因になる。

2005年に専門誌に発表された国内の主要94施設の集計によると、皮膚がんで最も多い「基底細胞がん」は1987年からの14年間で約5割増えた。紫外線を浴びすぎないよう、子どものころから注意が必要だ。

服、帽子、日傘などの着用とともに、日焼け止砂を上手に使いたい。紫外線には波長が長く、皮書の深くまで届くA波と、波長が短く、エネルギーが大きいB汲が含まれる。日焼け止めの商品説明で「PA++」「SPF40」などとあるのは、それぞれA波、B波の紫外線カットの効果の指標だ。+の数や数字が大きいぼど効果が高い。

日本化粧品工業連合会は、日常的な散歩や買い物、あるいは屋外での運動などでの使い分けを提案している。炎天下のレジャーや、紫外線に特に過敏な体質の人は、どちらも効果の高いものを使う。ムラなく伸ばし、状況をみながら2、3時間おきに塗り直すといいという。

日焼け止め成分には、紫外線の散乱剤と吸収剤の二つがある。光を物理的に反射する散乱剤の成分は酸化チタンなど。一 方、光を熱に変えるのが吸収剤。順天堂大学浦安病院の須賀康教授(皮膚科)によると、吸収剤は肌にかぶれを起こすことがあり、肌が敏感な人は吸収剤が含まれていない製品を使うといいという。

   □  □

紫外線の肌への影響は悪いことばかりではない。皮膚では、紫外線の働きでビタミンDが作られる。腸管からのカルシウム の吸収を促す、体に必要な物質だ。東京都健康長寿医療センターの森聖二郎・臨床研究推進センタ一部長(内分泌学)は「魚介類やキノコ類、卵黄など、食事でも摂取できますが、十分にまかなうには適度な日光浴も必要。高齢者が骨粗紫症を防ぐのにも有効です」と話す。顔と両手を出して1日15分程度、屋外に出ることで十分という。

須賀教授によると、紫外線には、肌の免疫反応を正常化してアトピー性皮膚炎の発症を防いだり、乾舵を防ぐ効果があるという。ただ、紫外線に当たると湿疹が出る「紫外線アレルギー」の人もおり、注意が必要だ。春と秋の紫外線の波長はアレルギーを生じやすいそうだ。須賀さんは「糖尿病薬、降圧剤などの影響で紫外線アレルギーになる人もいる。日光浴すべきか遮光した方がいいかは、医師に相談してほしい」と話す。(嘉幡久敬)

[インフォメーション]

化粧品の選び方は日本化粧品工業連合会のサイト(http://www.jcia.org/n/pub/)が参考になる。環境省のサイト(http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf)では、ビタミンDの摂取効果も考慮し、「両手の甲くらいの面積が15 分間日光にあたる程度、または日陰で30分間くらい過ごす程度」の日光浴を推奨する。




(出典:朝日新聞、2015/05/16)

戻る