【ウオノメ・タコ、正しく歩いて防ぐ 靴選びは安定性重視を】

春めいてきました。裸足になる機会が増えますが、足の裏のウオノメやタコが気になります。なぜできるのでしょうか。予防法はあるのでしょうか。

   □  □

「足の裏の一部分に強い圧力がかかり、すれると皮膚の内側を守ろうとして、皮膚の表面の角質が硬くなるのがウオノメやタコです」。東京医科歯科大でフットケア外来をする、高山かおる講師(皮膚科)は話す。

ウオノメとタコの違いは何か。ウオノメは骨と骨の間や関節のくばみといった柔らかい場所にでき、タコは骨の上にできる。ウオノメは増殖した角質の先端が皮膚の奥まで食い込み芯のような状態になり、タコより強い痛みを伴う。

削るためのカッターや角質を柔らかくするシールが市販されているが、自己流のケアには注意が必要だ。「削りすぎて、細菌が入ることがある。間違いを防ぐには、皮膚科を受診してほしい」と高山さん。削ってもまたできてしまうと悩む人は、足のアーチがつぶれ、べたっと平べったい開張足になっていることがぼとんどという。

悪化や再発を防ぐにはまず、正しい歩き方を知ろう。頭の上から糸で引き上げられているイメージで、顔はまっすぐ、あごは引きすぎない。おへそのあたりから足を前に出すように意識する。かかとから着地し、足の小指側に体重を移動し、素早く親指側に移動させ、親指で地面を蹴り上げる。こうすると、足に負担をかけずに長時間歩くことができるそうだ。

   □  □

筋肉の緊張をとる足指のストレッチも続けると良い。「ウオノメやタコをつくっているのは、間違った自分の動きそのものだと気付き、見直してほしい」と高山さんは話す。

高田馬場病院(東京都)の町田英一医師(整形外科)によると、ウオノメやタコがあると、足の指が小指側に「く」の字に曲がる外反母趾にもなりやすい。外皮母趾が重症化すると、転びやすいなど不安定になったり、痛みが強くなって手術が必要になったりすることもある。

日本靴医学会の理事でもある町田さんは、靴選びの重要性を説く。足を固定できるひも靴や面ファスナーで止めるタイプが良く、「一番大事なのは底」。トウスプリングと呼ばれる先が少し持ち上がったタイプで、中敷き(インソール)が厚め、面積が広くて安定したものがお勧めという。

タコやウオノメに悩む場合、その部分に体重がかからないよう、型を取り自分に合う中敷きを作ることもできる。専門の義肢装具士がいる医療機関はまだ国内に少ないが、1年半に1足分は、公的医療保険が使える。中敷き代は、3割の自己負担ならば1万1500円程度だ。

「おしゃれなハイヒールで、いくら歩いても痛くない靴はありません。普段の靴とおしゃれ靴は履き分けて」と町田さんは助言する。(辻外記子)

[インフォメーション]

足のトラブルの解決法は、高山かおるさんの著書「巻き爪、陥入爪、外反母趾の特効セルフケア」や、町田英一さんのウェブサイト「足と靴の医学」(http://.dr-machida.com/)に詳しい。日本皮膚科学会のサイトの皮膚科Q&A(https://www.deamato.or.jp/qa/)はタコとウオノメの治療法などを紹介する。




(出典:朝日新聞、2015/04/11)

戻る