【入浴に気をつけ、冬の皮膚の乾燥防ぐ 「体をゴシゴシ」やめて】

2年ぶりに東京で冬を迎え、とにかく乾燥が気になり、ハンドクリームが欠かせません。首に湿疹ができ、医院を訪ねると「手と足が乾燥してるね。保湿しないと皮膚のバリアー機能が 働かないよ」といわれました。どうすればいいでしょうか。

   □  □

表皮は異物の侵入を防ぐバリアー機能を担っている。重要なのは体表に近い「角層」だ。

表皮の深くで増えた表皮細胞は、層状になって順番に体表側に押され、死んだあと角層を形 成する。角層は三層に分かれ、主に一番下の層がバリアー機能を担う。また、角層のすぐ下で作られる「フィラグリン」というたんばく質は、分解されて角層の保湿因子になる。

角層が壊れるとバリアーが弱まり、外敵(抗原)が侵入しやすくなる。こんな時は、表皮の 下の方にある「ランゲルハンス細胞」が角層のすぐ下まで手を伸ばして抗原をとらえ、排除するよう免疫細胞に伝える。

角層に注目してアトピー性皮膚炎を研究する慶応大学皮膚科の天谷(あまがい)雅行教授は「抗原が通りやすいか、通りにくいかの勝負は角層で決まる。角層の構造を保つスキンケアが大切です」と話す。アトピーの患者はフィラグリンを作る遺伝子の変異が多いと分かってきているという。

乾燥は角層の大敵。湿度が60%を切ると、角層から水分が失われていく。東京・大手町の昨 年12月の平均湿度は52%で、100年前より17ポイント低くなった。暖房による乾燥も加わり、角層には厳しい季節だ。

  □  □

温かいお風呂は気持ちいいが、気をつけないとかえって乾燥を進める一因になるようだ。

花王スキンケア研究所の石田耕一・主席研究員によると、入浴すると角層に含まれる保湿成 分が蕩に溶け出す。このため、風呂から上がるとすぐに乾燥が始まり、入浴前を100とする と、20分後には80まで下がってしまうという。

「風呂から上がったら、できるだけ早く、10分以内には保湿剤を塗りましょう。保湿剤が入 った入浴剤を入れると、保湿成分が溶け出すのを抑え乾燥しすぎるのを防げます」

お年寄りは特に注意が必要。順天堂東京江東高齢者医療センターの植木理恵・皮膚科科長に よると、高齢者の皮膚は薄く、保湿成分や皮脂を作る能力も低いので、乾燥しやすい。

乾燥による刺激が続くと、知覚神経が角層のすぐ下まで伸び、かゆく感じるようになる。バリアー機能が低下していることもあって、皮膚をひっかくと皮膚炎を起こしやすい。

70歳前後以上の世代は、高度成長期に家風呂とナイロンタオルが普及し、体をゴシゴシ洗う 習慣がついている。このような強い洗い方では角層がそぎ落とされる恐れが高まるという。

「42度より低い湯に2〜3分つかった後、かるくなでれば、古い角層は自然にはがれます」と植木さん。(寺崎省子)

[インフォメーション]

植木さんによると、保湿剤を塗るときは、軟膏やクリームは人さし指の第一関節まで、乳液などは1円玉大で約0・5c、手のひら2枚分に塗る量になる。フリースや化学繊維の防寒下着を直接着たときに赤くなる人は、薄手の天然繊維の下着の上から着ると良い。花王のホームページの「乾燥性敏感肌ナビ」に、入浴方法などが載っている。




(出典:朝日新聞、2014/12/06)

戻る