【「糖化」を防いでアンチエイジング 血糖値の急上昇は禁物】

肌のくすみやたるみが気になったり、「老けたんじゃない」と言われてショックを受けたりした経験はありませんか。その主な原因は、からだの「糖化」にあります。健康を維持しっつ、若々しい肌を保つための「抗糖化」について、何に気を付ければいいのでしょうか。

   □  □

牛乳と卵に小麦粉、砂糖で作るお菓子を焼くと、褐色の焦げができる。その焦げが「糖化」の例え、と言えばイメージはしやすいだろう。食事で取り入れた糖分のうち、エネルギーとして使い切れなかった糖が体内のたんばく質と結びつき、「AGES」(たんばく糖化反応最終生成物)という老化物質を生成する。これが糖化だ。AGESは体内のたんばく質の機能を落とすなどして、肌のくすみやたるみなどの原因になる。内臓の働きを低下させたり、動肝硬化を進めたりするぼか、アルツハイマー病などとの関連も指摘されている。

なぜ糖化するのか。この間題について、2007年の日本抗加齢医学会の講習会で初めて 「抗糖化」という言葉を用いた、同志社大大学院生命医科学研究科アンチエイジングリサーチセンターの米井嘉一教授は「糖分の取りすぎが何より大きい」と指摘する。新陳代謝が下がっていく30代以降は、糖化に拍車がかかりやすいという。

糖化を防ぐには甘い物や炭水化物の取りすぎを避けることはもちろん、血糖値を急激に上げない食事の仕方も重要だ。抗糖化のために、米井教授が唱えるのは「食べる順番」だ。

   □  □

とんかつ定食を例に取ると、最初に食べるのはキャベツ。次に野菜系の小鉢に行き、汁物を挟んでメーンのとんかつへ。最後にご飯だ。一品ずつ食べ切る「懐石料理食べ」が理想だが、これではいかにも味気ない気もする。ただ最初に野菜を食べただけでも糖質の吸収率、血糖値の急激な上昇を防げるという。「何を食べるかより、どんな順番で食べるかが重要です。食事の際は常に『ベジタブル・ファースト』を念頭に置くといいと思います」と米井教授。

同志社大では糖分過剰摂取が老化に与える影響を研究する。昨年、茶や野菜、発酵食品、フルーツの計524の食材から抗糖化活性を持つものの調査結果をまとめた。玄米茶やモロヘイヤなどに、高い抗糖化作用があることが分かってきたという。特に野菜については、211サンプルのうちの約9割に抗糖化活性があった。米井教授とともに研究を続ける同大の八木雅之准教授は「野菜の重要性を改めて知るデータで、特に緑色の濃い葉野菜は働きが強い」。

糖とたんばく質が結びつくメカニズムは複雑多岐にわたり、どの食材がどの過程で有効に作用するかなどまだまだ不明な点は多い。今後は漢方薬や、違う食材を掛け合わせた際の効果などにも研究は広がっていく方向だという。(巌本新太郎)

[インフォメーション]

「糖化ストレス研究会」のホームページ(http://www.toukastress.jp/)で、抗糖化についての研究や講演会などの情報を発信している。

「日本抗加齢医学会」のページ(http://www.anti-aging.gr.jp/)では、抗糖化を含めたアンチエイジング全般についての情報を入手できる。




(出典:朝日新聞、2014/09/20)

戻る