【野菜ジュース、上手に活用する方法は 「食事の補助には便利 (2)】

   ロ  ロ

便通に効きそう食物繊維はどうか。食物繊維の量が表示されていた11銘柄をみると、0・2〜4・2c。12年の国民健康・栄養調査の結果、1歳以上が 1日にとっていた野菜類274・6cから摂取した食物繊維5・3cと比べ、少なかった。

食品加工大手カゴメの広報担当者は「飲みやすくするため、食物繊維はある程度取り除く場合がある」と話す。

自分で野菜をミキサーにかけて「スムージー」にすると、食物繊維や栄養素をそのままとれそうだ。でも、女子栄養大の三浦理代(まさよ)教授(食品栄養学)は「作ったら早めに飲むことが大事」と指摘する。ビタミンCは空気に触れると壊れやすい。

「野菜には、油と一緒にとることで吸収率が高まる成分も含まれる。野菜や香りや食感は、食欲を増す」と三浦教授。

面倒がらず、野菜ジュースと新鮮な野菜とを、うまく組み合わせて食べるようにしよう。そう改心した。(福宮智代)

[インフォメーション]

日本栄養士会のホームページ(http://www.dietitian.or.jp)には栄養士が考えたメニューや、野菜ジュースの利用の注意点などについて解説する「栄養相談Q&A」が掲載されている。

カゴメのサイト(http://WWW.kagome.co.jp/recipe/)lでは、野菜ジュースなどを使ったレシピが検索できる。

前を見る(1)⇒【野菜ジュース、上手に活用する方法は 「食事の補助には便利(1)】




(出典:朝日新聞、2014/06/14)

戻る