【早めの熱中症対策 梅雨時は20度台でも要注意 (1)】

熱中症が心配なのは真夏だけではありません。高齢者を中心に6月ごすから患者が増え始めます。これからの季節の注意点や対策を探りました。

  □  □

都市部のヒートアイランド現象などの影響で、熱中症になる人は増える傾向にある。ここ数年は年間4万人以上が救急車で病院に運ばれている。

多いのは高齢者だ。総務省消防庁の統計によると、昨年は熱中症で救急搬送された人の約半数が65歳以上だった。

なぜ高齢者は熱中症になりやすいのか。東京都健康長寿医療センター副所長の高橋龍太郎医師(老年医学)は、加齢に伴う体の変化を理由に挙げる。

まず、汗をかく能力が衰えていることがある。若い頃と比べて汗腺の数自体が減り、機能も落ちているという。また、筋肉が減り、発汗効率が悪い脂肪の割合が増えている。

加えて細胞内の水分量も減っている。このため若い人より脱水症状になりやすいという。

体の異常に気づきにくいということもある。気温の変化やのどの渇きを感じる感覚が鈍っており、体温調節や水分補給をするのも遅れがちになるのだ。

高橋さんは「『暑い』とか『のどが渇いた』とか、自分の感覚だけを頼りにしないことが大切です」と説く。天気予報をチェックし、温度計を見やすい所に置いておく。窓を開け、こまめに水分をとることを心がける。窓を開けても涼しくならない時は、我慢せずにクーラーを使うことも必要だ。

続きを見る(2)⇒【早めの熱中症対策 梅雨時は20度台でも要注意(2)】




(出典:朝日新聞、2014/05/26)

戻る