【元気に歩き続けるセーフティーウオーキング(1)】

歩幅やリズム感に注目

街や山へと出歩くのが楽しい季節になりました。でも40代に入ると、ひざや腰を痛めることも。いつまでも元気に自分の足で歩き続けるため「セーフティーウオーキング」の提唱者に、そのコツを聞きました。

  □  口

騎手の武豊さんやフェンシングの太田雄貴さんらトップアスリートを数多くみてきたダイナミックスボーッ医学研究所(大阪市)の土井龍雄顧問。約40年前から高齢者の運動指導もしてきた。「以前は、『50歳を超えると運動効果はない』『高齢者の筋トレはよくない』と言われた。だが高齢者でも、健康教室で学べば、ひざや腰の痛みは着実に減る。筋力をつけ、歩けるようになった方もいます」

41歳の私の歩き方を、測定器で調べてもらった。「着地するときの衝撃が強く、足腰に強いストレスが加わっている」と判定され、100点満点の「63点」だった。

どうすれば改善できるか。「関節に無理をかけず、氷の上をすべるように、なめらかに歩くのが理想です」。実践するポイントはイラストの通り。特に気をつけたいのが次の3点だ。

続きを見る(2)⇒【元気に歩き続けるセーフティーウオーキング(2)】




(出典:朝日新聞、2014/04/11)

戻る