【冬の運動不足 除雪と歩きで解決】

冬は寒いし、雪も積もるので、外に出る機会が少なくなり運動不足になります。そうしたことがテレビや新聞で、当たり前のように語られます。

でも、北海道の皆さんはすでにお気づきのように、冬はそんなに運動不足になるわけでもありません。一軒家に住んでいれば、厳しい除雪作業が待ち構えているからです。実際、除雪作業は相当に疲れます。

そこで、どのくらいエネルギーを消費するのか調べてみました。雪かきの道具だけを使って、30分で約200`iほど消費するようです。家庭用除雪機を除雪と歩きで解決使っても、30分で約1 00`iほど。雪かきだけの除雪なら、ランニングに相当するエネルギー消費です。

どうりで、汗びっしょりになるはずです。おなか回りが気になるお父さんの冬の運動不足を解消するには、除雪が最適です。でも、毎日雪が降るわけでもないので、除雪のない日の運動は、どうしましょうか。冬道をランニングするのは足元が心配ですから、ウオーキングはいかがでしょ うか。

通勤で勤め先か自宅の一駅前、一停留所前で降りて歩くとか、職場などでエレベーターを使わないという方法もあります。そうすれば、節電にも責献できます。

こういうことを地道に重ねると、厚生労働省が勧めている1日1万歩のウオーキングは可能です。私もこの方法で1日1万3千歩ほど歩いています。除雪とウオーキングで冬の運動不足問題は解決で す。年末年始のお休みは、ごちそうを食べる機会が多くなるので、除雪とウオーキングで乗り切りましょう!

[出典:北海道新聞、2012/12/26、當瀬 規嗣(とうせ・のりつぐ)=札医大医学部教授]

戻る