【自分の体は自分でメンテ】

自分の体は自分で守る。医者に頼らず自ら学び、いいと思ったことは試してみる。これが私の信条です。

そう思うようになったのは、27歳で急性肝炎を患い、緊急入院したのがきっかけでした。入院中は絶対安静を言い渡され、トイレに行くことも禁じられました。医師によれば、命を落としていてもおかしくない状態だったそうです。少なくとも半年は入院が必要だし、退院後も酒を飲んだら40歳まで生きられない。治るかどうかは君次第だとも言われました。

そこで私は自分で治してやろうと、病室から様々な医学書を取り寄せました。その中の東洋医学の1冊に、「肝は肝をもって治せ」とありました。私は内緒で家族に頼んで、豚のレバーの照り焼きを毎日食べてみたところ、2週間で劇的に回復。わずか29日で退院できました。医師は非常に驚いていましたが、レバーを食べたとは言えませんでした(笑)。

朝食後の黒酢が30年来の習慣
40歳の時には、健康診断でコレステロール値、血糖値、尿酸値が高いと指摘されました。家系からも糖尿病の気があったので、好きだったチョコレートや砂糖を入れたコーヒーなど、甘いものを控えるようにしました。それと同時に、友人が贈ってくれた、黒酢を飲み始めました。「お酢は中国の不老長寿の薬とされていた」と、東洋医学の本でも読んだことがありました。

おちょこ2杯分の黒酢をコップ1杯の水で薄めて、朝晩の食事の後に飲んでみると、次第にすべての数値が改善。何より驚いたのは、尿の色が透明できれいになったことです。急性肝炎で入院した際は褐色の尿が出て、排泄物の状態と健康は密接に関係していることを体感していましたから、黒酢の効果に感心しました。以来、毎朝の食後に欠かさず飲んでいます。

60代の半ばには、背中が丸まり、お腹が出てきて、老いを感じるようになりました。これでは洋服も似合わなくなってしまうと、スポーツジムへ通い出しました。トレーナーに、姿勢が悪くなるのは肩甲骨の動きが鈍っていること、お腹が出るのは体幹の筋肉が衰えていることが原因だと言われ、肩甲骨の動きを柔軟にするためのバーベル運動や、体幹を鍛える腹筋運動などを指導されると、姿勢が良くなり、颯爽と歩けるようになりました。ジムでの運動は週に1度ですが、自宅でも柔軟体操と腕立て伏せを続けています。

若い頃に大病をしたおかげで、栄養バランスのいい食事を心がけるようになりましたし、「自分の体をメンテナンスする」という意識を持つようになりました。人間の体は、車と同じ。手入れをせずに乱暴に乗れば事故を起こすし、きちんとメンテナンスしていれば安全に何十万kmと走れます。自分を大切にすることが、健康の何よりの秘訣ではないでしょうか。
(談話まとめ:田村 知子=フリーランスエディター)

[出典:日経ビジネス、2012/03/05号、貞兼 良雄=メーカーズシャツ鎌倉会長]

[写真:山田 慎二]

戻る