【冬のみ表れる季節性鬱病】

毎年冬になると、仕事がうまく処理できなくなったり、人と話すのがおっくうになるMさん(32歳)。冬だけの辛抱だと頑張るが」昨年に比べてつらくなっている。

鬱病は、心の病気として広く知られている。その鬱病の中でも、春先や秋口などといった特定の時期にのみ鬱症状が出やすい人がいる。これを季節性感情障害といい、とりわけ10月〜翌3月頃の冬季に集中して症状が出るタイプを冬季鬱病と呼んでいる。

主な症状では、意欲低下が目立ち、睡眠時間が長くなるほか、過食になる。特に炭水化物を多く含んだパン、ご飯、菓子などを好む傾向がある。見た目にはやる気がなく、よく寝てよく食べ、体重も増え、「怠けた人」にうつってしまう。そのため、周囲からは鬱病だとは気づかれず、「生活を正しなさい」「もっと体を動かせば」などと言われ、本人がつらい気持ちを抱え込むことも少なくない。

冬季鬱病は、日照時間が短くなることが大きな原因の1つだ。気分や食欲のコントロールは、セロトニンという神経伝達物質が調整している。人間の体は、自然光を浴びると刺激を受けて脳内でセロトニンの産生が促される。冬季は、ほかの季節に比べて日照時間が短いのでセロトニンが減少して、本来の機能を果たさなくなってしまうのだ。実際、緯度の高い北海道や東北地方などは極端に日照時間が短くなるため、冬季鬱病にかかる人が増えている。

例えば、冬になると、仕事の能率が下がる、会社へ行くのがおっくうになるなどしても、無理して通勤しながら自然に回復する春を待つ。自分が冬季鬱病であるのに気づかず、そんな状況を毎年繰り返している人も多い。しかし、「毎年のことだから」などと、頑張りすぎてしまうと、症状が春過ぎまで長引くようになったり、慢性的な鬱病につながったりするケースもある。

会社へ行くのがつらい、通常の仕事がこなせない、家族とも話したくないなど、社会生活に支障が出てくるようなら、精神科や心療内科を受診してみてほしい。

高照度な光を浴びる治療で改善
代表的な治療法は、太陽光と同じくらいの人工的な光を浴びる高照度光療法で、60〜70%の人が回復している。高照度の光照射装置を用いて、2500〜1万ルクスの強い光を毎日浴びると、セロトニンの量が増えて脳が活性化する。照射装置は業者からレンタルまたは購入でき、専門医に指導を受けながら自宅で治療することが可能だ。

この時、食事への配慮を忘れないこと。セロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから作られるため、それを多く含む肉・魚類、納豆などの大豆加工食品ほか、ピーナツ、牛乳、バナナなどを多く取りたい。青魚やレバーなどに含まれるビタミンB6もセロトニンの合成を助けるので積極的に取ってほしい。

光療法が効かない人には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)など抗鬱薬が勧められ、これも60〜70%の人に効果がある。人によっては、光療法と投薬を併用することもあるだろう。

冬季鬱病の症状に心当たりがあったり、診断を受けた人は、なるべく自然光を浴びる生活を心がけてほしい。部屋の中の光はせいぜい600〜700ルクス程度しかないが、晴れた日に外に出れば十数万ルクス、曇った日でも数万ルクスは浴びることができる。

窓際にベッドを配置して、寝ている間にも朝日を浴びるように工夫すれば、自然光は網膜を透過して脳内に刺激を与えてくれる。通勤時は、1駅歩くだけでも、それだけ長く自然光を浴びることができる。オフィスでは、ときどき窓際に寄ってみたり、休憩時間には外で息抜きしてみるのもいい。

日照時間の短い冬季は、少しでも長く自然光を浴びることが大事だ。休日でも寝坊せず、早朝に10分くらい散歩に出かけてはいかがだろう。
(談話まとめ:内藤 綾子=医療ジャーナリスト)

[出典:日経ビジネス、2010/11/01号、三島 和夫=国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)精神生理研究部部長]
[イラスト:市原すぐる]

戻る