【胸焼け起こす胃食道逆流症】

仕事帰りに同僚や部下と飲み歩くことが多いTさん(50歳)。最近、胸焼けがひどく、 食べた後に胸痛もするようになった。胸焼けだけならまだしも、胸痛は穏やかではない。

胃液が食道内に逆流して胸焼けや呑酸(胃液がのどの奥まで込み上げて酸っぱく感じる)、などの症状を起こしたものを「胃食道逆流症」という。逆流した胃液に含まれる酸によって食道粘膜に炎症が起こり、粘膜が傷つくこともある(逆流性食道炎)。

老年者では胃の一部が横隔膜の上にはみ出す「食道裂孔ヘルニア」によって食道と胃の境目が緩くなり、はみ出した部分の胃にたまった胃液が逆流するケースが多い。若い人でも食べ過ぎなどが原因で、一過性に胃液の逆流が起こることがある。いずれにしても、胃食道逆流症は、食道と胃の境目を締めつけて胃液が逆流しないようにしている筋肉が、一過性もしくは慢性的に緩くなって、胃液が食道に逆流して種々の症状を起こす症候である。

かつて胃食道逆流症は脂肪分の多い食事を取る欧米人に多く、日本人には少ないと言われていた。しかし、近年では食生活の欧米化、高齢人口の増加に伴い患者さんが増える傾向にある。

胃食道逆流症は命に別状はないが、胸焼け、呑酸、囁下痛(のみ込む時の痛み)、胸痛などの症状は、患者さんのQOL(生活の質)を著しく損なう。頻繁に症状が出るようなら治療を受けることを勧めたい。Tさんの場合は胸痛が心配とのことだが、心臓に異常がなくても胃食道逆流症が原因で胸痛が起こることがある。

一時的に起こる胸焼けはそれほど心配しなくてもいいが、頻繁に起こる場合には胃食道逆流症が疑われる。症状の背後に胃ガンや食道ガンといったより重大な病気が潜んでいることもある。胸焼けなどの症状が週に2回以上あって悩ましい場合は、受診した方が賢明だろう。

市販薬で改善しなければ受診
胃食道逆流症は、問診と内視鏡検査で診断されるが、多くはどのような症状がいつ頃生じるかなどの詳しい問診で診断し、必要に応じて内視鏡検査を行う。

症状を改善するには、生活習慣を改めることが第一である。常に腹八分目を心がけ、暴飲暴食を避けることが大切だ。病状によっては医師の診察を受け、胃酸の分泌を抑えるPPI(プロトンボンプ阻害薬)という薬を使う。胃酸の分泌量が減ると、胃液が逆流しても食道粘膜への刺激が少なくなって症状が起こりにくくなる。

ただし、薬物療法は根本的治療にはならないので、薬を中止すると再び症状が出る可能性が高い。長期にわたって服用する必要があることが多いことも知っておいた方がいい。

食道裂孔ヘルニアがあり、胸焼け症状が強くて薬でも症状が改善しない時は手術が行われる。食道裂孔ヘルニアで緩くなった食道と胃の境目部分に胃の一部を巻きつけて締める。この手術は、最近では腹腔鏡で実施されるようになっている。傷が小さく、患者さんの体に対する負担が軽くなった。

OTC(薬局で購入できる薬)として、PPIより胃酸の分泌抑制作用が弱いH2ブロツカーが市販されている。軽症ならこの薬でも症状は改善するが、1週間程度使用して効果が見られなかったら受診してほしい。早めの受診は、胃ガンなどを早期発見するためにも重要なことである。

日常生活では、食生活や寝る時の姿勢に気をつけたい。胃液の逆流を起こしやすい食べ物には、脂っこいもの、チョコレートや和菓子といった甘いもの、ワインなどのアルコールが挙げられる。胸焼けをたびたび起こす人は食事内容を見直し、症状を起こしやすい食べ物を避けるよう心がけたい。

食べた後にすぐに横になるのも避けること。夜間就寝中に胸焼けが起こるようなら、上半身全体が高くなるような姿勢で眠ると楽になる。
(談話まとめ:田野井 真緒=医学ジャーナリスト)

[出典:、日経ビジネス、20010/04/12号、片田 夏也=桜丘クリニック(東京都世田谷区)]
[イラスト:市原すぐる]

戻る