【働き盛りに多い中心性網膜症】

多忙で深夜帰宅が続いていたAさん(40歳)。ある日、視野の中心部が暗く見えたため眼科を受診したところ、中心性網膜症と診断された。

視野の中心が暗くなり見えにくい(中心暗点)という症状以外に、ゆがんで見える(変視症)、小さく見える(小視症)、色が違って見える、軽度の遠視になるなどの症状がある場合は、眼底の中心である黄斑部に何か異常が起こっている可能性がある。

「中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症)」は網膜の後ろにある脈絡膜から血漿が漏れ出し、黄斑部の網膜が水ぶくれのようになって剥離する病気である。原因ははっきり分かっていないが、20〜50代、特に30〜40代の働き盛りで、正視(近視でも遠視でもない)か軽度の近視の男性に多い。仕事によるストレスが誘因の1つではないかと考えられている。

目をいたわり再発に備える
眼科医が眼底検査を行えばほぼ診断はできる。だが、加齢黄斑変性症などの新生血管黄斑症と見分けにくいこともある。新生血管黄斑症は、血漿が漏れやすい新生血管が黄斑部などにできることで発症する。

中心性網膜症か、新生血管黄斑症か正確に鑑別する必要がある場合、蛍光眼底検査を行う。この検査は、蛍光物質を含む薬剤を注射して写真を撮る方法で、血漿が漏れ出す部分や眼底の血管の様子がはっきりと確認できる。近年開発されたOCT(光干渉断層計)も鑑別に役立つ。

もし、新生血管黄斑症であれば、新しい血管ができてしまうため、人によって進行の仕方も予後も様々で、治療が難しいことも多い。特効的な治療法は今のところ確立されていない。しかし、治療の選択肢は格段に増えているから、初期に正しく診断することが肝要だ。

中心性網膜症ならば、3カ月ほどで自然治癒することが多いので、比較的安心できる。特に治療はせず、経過観察をすることが多い。薬を使う場合は、末梢の血管を広げて血行を良くする循環改善薬やビタミン剤を処方する。

「中心部がよく見えないと仕事に差し障りが大きい」と言う患者さんや、なかなか治らない患者さんには、レーザー光凝固術を行うこともある。これはレーザー光を当てて血漿が漏れ出している部分を熱凝固する方法だ。ただし、この治療法は視力維持に重要な網膜の中心近くに漏出点がある場合は行えない。

患者さんに注意を促したい点は、中心性網膜症は再発しやすい病気であること。また、この病気を繰り返していると、新生血管黄斑症になりやすいという報告もあるので油断は禁物だ。

症状があるうちは定期的に受診し、治った後も安心せずに、日常、目をいたわる生活を心がけてほしい。また、普段は両目で見ていると、見え方の変化に気づきにくい。時には交互に片方の目を閉じてみて、見え方に異常がないかを確認するといいだろう。もし、異常を自覚したら、早めに眼科を受診してほしい。
(談話まとめ:佐藤 千秋=企画篇集部)

[出典:日経ビジネス、2009/07/13号、河野 眞一郎=帝京大学医学部附属溝口病院(川崎市高津区)眼科教授]

戻る