8seiki293

【和菓子でダイエツト】

作家で食通の小島政二郎は戦前、東京一と言われた和菓子屋について書い ている。当時、その店の和菓子を食べるのは大変だった。一度は注文に出か け、2〜3日後にもう一度出かけてやっと食べられる。「タクシーのない頃、 電車に揺られて大の男が、それこそ鴎外先生の『そめちがへ』ではないが、『二 度の迎へにただ行き帰り』しなければならないのだった」。

すぐに売ってくれないので、我慢できない者は和菓子の餡だけ分けてもら い、待ち切れずに往来で立ったまま食ベた。しかも、その餡ときたら少しも 甘くないのだ。小島は言う。「甘いばかりが菓子の能ではない。本当をいう と、甘くないのが菓子のネライでなければならない」。

今の和菓子は随分甘くなったが、それでもケーキなどと比べると太りにく い。肥満の原因は、体にたまる体脂肪。食物から取った脂肪はまず脂肪酸とグ リセリンに分解され、脂肪酸が脂肪細胞に取り込まれ、再びグリセリンと結 合して体脂肪となる。脂肪細胞中のグリセリンは、摂取された糖質から作ら れたもの。体脂肪を作るには、糖質と脂肪という2つの栄養素がなければな らないのだ。

もちろん、糖質の取り過ぎは肥満になるが、糖質と脂肪という2つの栄養 素を取ればさらに太りやすくなる。その意味で、糖質と脂肪を含んだケーキ の方が和菓子より太りやすいのだ。

小豆から作られる餡には食物繊維が多く、糖質の吸収を遅らせる働きもあ る。適度に甘みを楽しむ程度なら、肥満につながらないのが和菓子である。

[出典:日経ビジネス、2008/09/22号、堀田 宗路=医学ジャーナリスト]

戻る