【水は百薬の長】

現代では水を買って飲むことは珍しくないが、江戸時代でも同様だった。 夏ともなると、「冷やっこい、冷やっこい」という水売りの声が江戸の町に 響いた。笠を被り、2つの桶を天秤で担いで売り歩くその姿は、夏の風物詩 でもあった。江戸には江戸っ子自慢の水道があったが、浄水の設備がなく、 夏は生ぬるくなり多少の汚れが気になった。そこで、水売りたちが深い井戸 の冷たい水を仕入れて売り歩いた。

前の桶には小さな屋台がついていて、涼味を感じさせる錫や真銀製の茶 碗が収められていた。「滝水」「冷水」などの看板もぶら下げていたが、実態は ぬるま湯。炎天下で売れば、どんな水もぬるま湯になってしまう。「ぬるま 湯を辻々で売る暑いこと」(古川柳)。

ともあれ、夏には1杯の水は最良の薬となる。中高年は大汗をかいた後、 脳梗塞が起こりやすい。発汗によって血液が漫縮され、固まりやすくなって しまうのだ。それを防ぐには、夏場はこまめに水分を補給しておくこと。老 齢になると、特に意識的な水分の摂取が重要になる。年を取ると、喉の渇き を感じにくくなるからだ。夏場、お年寄りに脱水症が目立つのはそのため。 これは命取りになる。寝る前に、1杯の水を飲んでおきたい。

起きがけに飲む1杯の水は、大腸を刺激し、便秘解消に役立つ。胃酸過多の の人も、よく水を飲むと胃液が薄められ、胃粘膜が守られる。下痢をした時 も水分が失われるので、水を補給しておこう。水分が不足すると、尿が濃縮 され、尿路結石も起こしやすいので、この意味でも1杯の水が大切だ。

[出典:日経ビジネス、2008/07/21号、堀田 宗路=医学ジャーナリスト]

戻る