【携帯電話番号で「足習字」】

携帯電話が普及する以前は、親しい友人の電話番号くらいは暗記していた ものだが、今では家族の電話番号ですら、メモリー任せになっているという 人も多いのではないだろうか。「こうした現代社会では、一時記憶を司る脳 の海馬を刺激する機会が減っており、物覚えや物忘れがひどくなる原因につ ながっている」と、日常ながら運動推進協会代表の長野茂氏は指摘する。

そこで今回は、携帯電話番号を思い出し、足で描くことで基礎代謝を上げ、 下腹部を引き締める効果のある健脳体操を紹介する。膝を上げる大腰筋も鍛 えられるため、転倒予防にも有効だ。

数字はできるだけ大きく描く。また、オフィスでは難しいかもしれないが、 声に出しながら行った方が、脳への刺激は高まる。数字を鏡文字のように、 対称に描いてみてもいいだろう。

[出典:日経ビジネス、2008/07/07号、田村知子=フリーランスエディター]

戻る