【行動変容で“メタボの壁”を破れ】

金融機関の部長のHさん(46歳)。
4月から開始された特定健診で、レタポリックシンドローム」との 警告を受けた。改善するには何から始めればいいのだろう。

メタポリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は内臓脂肪が蓄 積したうえで、糖尿病や高血圧、血中脂質異常が軽い段階でも重複すると、 動脈硬化に進みやすいという考え方である。

今や“メタボ”という言葉は市民権を得て、メタボに対する関心は高まっ ているものの、実際には「自分には関係ない」と信じ込んでいる人も多い。 「肥満が健康上好ましくない」という感覚は持っていても、現実的な危機感 がないのだろう。

メタボ対策の一環として、腹囲も測定する特定健康診査(通称メタボ健診) が4月から始まった。医療費抑制政策と言ってしまえばそれまでだが、自分 自身の健康を顧みるには、特定健診はいいチャンスと捉えたい。「医師」、す なわち、医療に頼っていた時代は終焉を迎えようとしている。これからは、 自身の「意思」に健康が任されていると考えるべきであろう。

長年、私も肥満の患者さんを前にその弊害を説明し、痩せるように助言を 与え続けてきた。しかし、指導通りに痩せる人は実に稀である。診断、助言・ 指導、生活習慣の改善、メタボの改善という流れを期待するものの、実際に は「生活習慣の改善」というステップに大きな壁が立ちはだかっている。ま さに、これが“メタボの壁”となっているのだ。

心理学用語に「行動変容」という言葉がある。習慣化された行動パターン を変えることを意味する。食生活や運動などの生活習慣をいい方向に変える この行動変容なくしては、メタボの壁は越えられないという現実がある。

では、どうしたらいいのか。長年の苦い経験から最近、ようやく指導のコ ツをつかんだ。まず、初めから大きな目標を立てようとはせず、無理のない 目標を設定する。よほどの肥満でない限り、1カ月に0.5kg、4カ月で2kg の減量でいい。2リットルのペットボトル1本分の脂肪が取れれば、随分ス マートになると想像してみよう。内臓脂肪は皮下脂肪に比べてつきやすい一 方で、減量でまず減るのも内臓脂肪なのだ。

具体的には、「食事」と「運動」が減量の2本柱となる。食事では夕食の量 を5%減らし(ご飯やおかずをほんの少し控える程度)、運動では今よりも 1000歩余計に歩けばいい。これだけでもきちんと実行できれば、メタボの 改善が期待できる。くれぐれも、4カ月で2kg以上痩せようとはしないで ほしい。必ずリバウンドが起こる。

メタボが進行すると、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性が格段に増す。もし、 それらを発病したなら、若くして不自由な生活を強いられ、莫大な医療費も 必要となる。時には、医師や保健師などから話を開き、こうしたメタボに対 する正しい知識と、理解を深めることも肝要だ。
(談話まとめ:江木園貴=プレゼランス)

[出典:日経ビジネス、2008/07/07号、栗原 毅=栗原クリニック 東京・日本橋(東京都中央区)院長 慶応義塾大学大学院教授]

戻る