【玄米は現代病の救世主】

1878(明治11)年、漢方医と西洋医が勝負をした。人呼んで「藻洋脚気相 撲」。土俵で医者同士が闘ったわけではない。明治政府が日本の風土病と思 われていた脚気の治療を漢方医と西洋医に競わせたのだ。東京・神田の一ツ 橋に設けられた脚気病院で、漢方医の遠田澄庵、西洋医の佐々木東洋らが患 者を等分して闘った。当時、脚気はしびれ、浮腫を伴う単なる袖経障害では なかった。重症になれば10人中8人は絶命する恐ろしい病。幕末の徳川将軍 家定、家茂も脚気で亡くなっている。

勝負の結果は互角とされているが、漢方が勝っていたのではないか。澄庵 は「脚気の病原は白米にあり」と見抜いていた。明治政府は漢方を廃止し、 西洋医学を国の医学と定めたので、漢方の勝ちを認めるはずはなかった。

脚気は江戸時代には「江戸患い」と呼ばれた。明治になっても、脚気は東 京などの大都市でのみ発生した。大都市では、白米が盛んに食べられていた のだ。ビタミンBlが欠乏している_白米ばかりを食べていると、その不足か ら脚気が起きてくる。玄米を食べていた農村では、脚気は無縁の病気だった。

玄米の胚芽には、ビタミンBl、B2、B3、Eとナイアシン、それに良質の脂 肪やたんばく質が豊富に含まれている。皮には食物繊維がたっぷり。玄米 は消化が悪く、よく噛んで食べなければならないが、このことによって逆に 白米より腹持ちがよく、少量でも満腹になる。食後血糖値が急激に上がるこ ともない。現代では脚気は少なくなったが、玄米を食べると、メタボリック (内臓脂肪)症候群の予防に役立つ。

[出典:日経ビジネス、2008/05/26号、堀田宗路=医学ジャーナリスト]

戻る