【脳を刺激しながらメタボ対策】

今回の体操は、手の親指と小指を同時に立てる動作を、左右交互に繰り返 すという単純なものだが、やってみると意外に難しい。手のひらを内側に向 けている時は比較的スムーズに動かせ3るものの、外側に向けてみると動かし にくくなる人も多いだろう。

指がうまく動かないと、表情までこわばってしまいがちだが、日常ながら 運動推進協会代表の長野茂氏は、「健脳体操は笑顔で行わないと効果が期待 できません。童謡の『兎と亀』(もしもしかめよかめさんよ〜)など、テンポ のよい歌を口ずさみながら、リズムに合わせて楽しく行いましょう」とアド バイスする。

ステップ2では、いすを使った腹筋運動と組み合わせる。上腹部を集中的 に鍛えることができるため、メタポリック(内臓脂肪)症候群対策に有効だ。

[出典:日経ビジネス、2008/05/12号、田村知子=フリーランスエディター]

戻る