【姿勢の矯正で腰痛を改善】

リスクマネジメントに関する資格講座や企業研修などで、全国各地を飛び 回って講演を行っています。新幹線や飛行機での移動時間は座りっぱなし、 講演では6時間以上立ち通しで話し続けることもあります。そのおかげで、 長年、腰痛に悩まされてきました。

知人に紹介された整体マッサージへ行き、先生に診ていただくと、腰痛を 引き起こす要因として、生活習慣だけでなく、前傾姿勢を指摘されました。 そういえば、私は雪国育ちだったので、寒さや風雪を避けるため、無意識のう ちに背中を丸めて、下を向いて歩くクセがあったんですね。

そこで、背筋と頭を真っすぐ伸ばして、腰を前に出して立つように、姿勢 を矯正したのです。さらに、関節が硬くなるのを防ぐため、以来できるだけ 歩くように心がけています。やはり、パーソナルリスクマネジメントも必要 ですね。

今では長時間の講演でも、腰が重くなることはほとんどありません。また、 背筋を伸ばすと視界が開けて、風景まで違って見えるという思わぬ発見もあ りました。やはり体が資本。健康であればこそアイデアもひらめき、「リス クをチャンス」に変えることができるのだと実感しています。

(談話まとめ:田村知子=フリーランスエディター)
[出典:日経ビジネス、2008/04/28・05/05号、浦嶋繁樹=日本アルマック社長]

参考:
浦嶋紫樹(うらしま・しげき〉氏
1954年生まれ。85年住友海上火災保険から独立。
大和証券調査役などを経て、98年リスクコンサルティングなどを行う日本アルマック設立。

戻る