【『酒を飲んだら牛になれ』】

春は人事異動による歓送迎会や花見など、何かと飲酒の機会が多くなる季 節である。「食べてすぐに横になると牛になる」という行儀作法を教える言 葉があるが、これを転用し、「酒を飲んだら牛になれ(横になれ)」とすると、 酒愛好家の健康維持に役立つ。

酒の主成分であるアルコールは、大半が肝臓で処理される。その処理を助 けるためには、実は、体を横にするのが効果的なのである。

肝臓の正常な働きを保つためには、新鮮な酵素と栄養に富んだ血液の供給 が欠かせない。さらに、十分な血液量があることも大切だ。

この肝血液量は、体が立っている状態を基準にすると、横になった時には 2倍に増える。逆に、事務仕事などの軽作業をすると半分になり、激しい運 動をするとさらにその半分にまで減少してしまう。肝臓は、それほど血流の 変動が激しい臓器なのだ。

血液中のアルコールは、肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって、 酔いの原因となるアセトアルデヒドに分解され、最終的には炭酸ガスと水と に分けられる。悪酔いや二日酔いで苦しまないためには、飲んだら早めに牛 になって、この過程を助けるのが一番である。また、酒量を1〜2合に控え ることも大切だ。一升瓶を空けたと自慢し合っていては、やがて肝臓病が忍 び寄ることになる。

早く横になる効用は、体だけでなく職場の和にも役に立つ。上司がさっと 席を立って帰宅すれば、若い部下たちは大いに羽を伸ばして、明日への活力 を養える。その際上司は、多少の心づけを忘れずに。

[出典:日経ビジネス、2008/04/07号、志賀貢=医学博士]

戻る