【健康欲求をくすぐる“血液サラサラ”】

大抵のものにはメリットとデメリットがある。それを観察する位置によっ て良くもなり、また悪くもなる。例えば、フリーラジカル(活性酸素)は細胞 や遺伝子・血管を傷つけ、体内を酸化させるので悪者だと言われる。しかし 一方で、外界からのウイルスや細菌の侵入を防ぎ、殺菌・消毒の働きがある ので、役に立ってもいるわけだ。
またフリーラジカルに対抗する抗酸化ビタミンのβ−カロテンやビタミンE は、アンチエイジング(抗加齢)の旗手としてもてはやされた。しかし、抗酸 化ビタミンの摂取は総死亡率を上げるという研究報告も相次いだ。さて、ど こを見て判断するか。
こんな詰もある。コーヒーに糖尿病の予防効果があるという。ただし1日 7杯飲まなければならない。せっせと毎日飲んだからといって、ほかの病気 にならない保証はない。同じく、コレステロールを下げるという臨床データ を持つ健康食品は、コレステロールは下げたかもしれないが、それが果たし て疾病の予防や健康維持に貢献したかというと必ずしもイコールではない。
先頃、「血液サラサラ」を売り文句に“健康ブレスレット’を法外な値段で売 りさばいて逮捕された事件があった。「サラサラ」はここ数年来、健康の象徴 となっており、健康食品や健康グッズによく使われる。しかし実際は、血液 の流れと健康や疾患との関係に関する医学的な定説はない。見方を変えれば 「サラサラ」が危険な場合もある。つまり、私たちの体はそれほど単純なもの ではなく、常にバランスの良さが要求されるということだ。

[出典:日経ビジネス、2007/12/03号、後藤典子=NPO日本サブノメント協会代表理事]

戻る