【ビタミンCの補給で若さを保つ】

大学卒業以来、営業の仕事に携わってきました。ワールド・ファミリーでは トップセールスになった後、営業職員の育成に励み、ゼロから立ち上げた営 業組織の売り上げを、5年間で20倍に拡大しました。その時培ったノウハウ を基に、営業のコンサルティング会社を立ち上げ、現在は企業での講演や営 業研修などを行っています。
全国を飛び回っての講演活動を続けるためには、ベストコンディションで いることが絶対条件だと思っています。そのために実行している2つの健 康習慣のおかげか、ここ数年は風邪もほとんど引いたことがありません。
まず1つ自は早朝のウォーキング。川沿いの遊歩道を40〜50分かけて歩 きます。体調が整うだけでなく、脳も活性化されるようで、良いアイデアが 浮かぶようになりました。
2つ目は、専門医に処方してもらったビタミンCのサプリメントを毎日摂 取することです。これは、ガンなどの病気予防に有効なだけでなく、若さを 保つ美容効果もあるそうです。私には2人の娘がいますが、娘たちと一緒に いる時、私が母親だと言うと、驚かれることがあります(笑)。
10年後も健康で生き生きと働く自分の姿を強くイメージしながら、毎日 を積み重ねていきたいですね。
(談話まとめ:田村知子=フリーランスエディター)

[出典:日経ビジネス、2007/12/03号、吉野真由美=マーケティング・サポート・コンサルティング社長]

参考:
吉野真由美(よしの・まゆみ)氏
同志社大学経済学部卒業。生命保険などの営業職を経て、
1994年ワールド・ファミリー入社。
2005年同社退社後、現職。

戻る