【低カロリー高たんばく質の肉】

七面鳥は、北米原産の食肉用家禽。家禽の中では最も大きく、成鳥では 10〜15kgにも逢する。日本ではあまり馴染みがないが、米国では11月の 第4木曜日に制定された「感謝祭(Thanks giving Day)」や、クリスマス を象徴する食材だ。
1620年、宗教弾圧を逃れようとした英国の清教徒の一行は、メイフラワ ー号で海を渡り米国大陸にやってきたが、寒さと飢えのために半数が命を落 とす。それを見かねたネイティブ・アメリカン(米国先住民)たちは、彼ら に七面鳥を与え、狩猟や農耕の知恵を授けた。そして、収穫を迎えた翌年の 秋、移民たちは感謝を捧げるための集いを催す。これが米国の感謝祭の起源 となり、祝いの席には七面鳥が欠かせないものとなった。
七面鳥の肉は、低カロリー高たんばく質。サーロインステーキと比較する と、カロリーは3分の1で、たんばく質は1.12倍となっている。さらに、 脂肪はコレステロールを取り除く不飽和脂肪酸が多く、中性脂肪を増やす飽 和脂肪酸が少ないので、動脈硬化の予防にも有効だ。不足しがちな鉄分も多 く含まれている。
米国では、内臓を取り出し、タマネギヤパンなどを詰めて足を縛り、丸ご とローストした七面鳥を食卓に出す。その際には、クランベリーで作ったソ ースを添えるのが習わしだ。クランベリーは七面鳥と同様、北米原産の果実。 七面鳥の鉄分の吸収を高めるどタミンCが豊富なため、栄養価的にも優れた 食べ合わせと言える。今年のクリスマスに試してみてはいかがだろうか。

[出典:日経ビジネス、2007/11/26号、白鳥早奈英=栄養学博士]

戻る