【「犬のポーズ」で姿勢を正す】

机やパソコンに向かっていると、背中が丸まる猫背の姿勢になりやすい。 そのまま長時間作業を続けていると、首や肩、背中の筋肉が硬直して、凝り や腰痛の原因となることがある。
ヨギックアーツ・インストラクターのRYU氏は、「『犬のポーズ』で背筋を 伸ばせば、姿勢を正すと同時に、肩凝りや腰痛を緩和するほか、自律神経を 調整して活力を与える効果がある」と言う。本来は床に手足をついて行うが、 今回はオフィスでもすぐにできるポーズにアレンジしてもらった。
壁や机を利用して、腕と背中を真っすぐに伸ばし、十分に胸を開く。[2]の ポーズでは、下半身の裏側もしっかり伸ばす。呼吸は鼻で行い、吸う時も吐 く時も、のどの奥から「スー」という音を出すように、4秒ずつかけてゆった りと繰り返す。
[出典:日経ビジネス、2007/10/15号、田村知子=フリーランスエディター]

戻る