【仕事が原因の肩凝りに対処】

Tさん(35歳)は、毎日遅くまでパソコンを使った仕事に追われ、 くび頚や肩がひどく痛む。イライラすることも多くなり、 対処法を知りたいと思っている。

頸や肩、腕などに痛みや凝り、だるさなどの症状を訴える患者 で、事務仕事や軽作業が原因と考えられる場合を「頚肩腕(けいけんわん)障害」 と呼ぶ。「頚肩腕症候群」と言う場合もあるが、こ れは仕事との関連がはっきりしない時に使われる。だが、ほぼ同意語と考え ていいだろう。
最近の厚生労働省のデータによると、男性の気になる症状では、肩凝り を訴える人が腰痛に次いで多く、その大半が頸肩腕障害と見られる。しかし、 原因は多様であるため、直ちに頚肩腕障害と判断せず、症状を起こす原因と なっている病気がないかを、まず探ることが重要である。
診断のつく病気があれば、それが病名となる。例えば、頚椎椎間板ヘルニ ア、肩関節周囲炎、変形性頚椎症、上肢関節変形性関節炎などがある。
こうした診断名がつかない場合、一般的な原因の多くは、作業のやり方に よるものだ。反復動作、力の入れ方、偏った姿勢などのほかに、作業の継続 時問、作業と休憩時間の比率、仕事を離れてリラックスする時間の不足など とも深く関わってくる。そのほかに、机やイスの高さ、室内の明るさ、温度 や騒音といった職場環境、人間関係やストレスなど心理的要因も挙げられ る。さらには、個人の体力や健康状態に影響されることもある。
診断は、以下の手順を踏んで行われる。
@障害に影響していると考えられ る目や歯などの病気の治療を受けているか、そのほか健康状態について開く。 A触診で患部の温度や硬さを確認するほか、手の力の入り具合や腱反射、ヘ ッドコンプレッション(頭を上から押す)テストなどで感覚障害や頚、鎖骨 の痛みなどを診る。B]線やMRI(磁気共鳴画像装置)検査を行う。場合に よっては、骨シンチグラム検査なども実施し、特別な病気が否定された後に、 総合的に判断する。
治療は、そのほかの病気など明らかな原因が考えられる時は、それに対処 する。薬物療法では、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、漢方薬、ビタミン剤などを用 いる。ストレッチ体操などの運動療法を行うことで治る場合も多い。職場環 境の改善のために、事業所の産業医の協力を求めることもある。
同じ姿勢で長時間作業することによって筋肉疲労が蓄積すると、頚肩腕障 害を起こしやすい。それが高じると頭痛やイライラ感、めまいや吐き気、目 のかすみなども引き起こす。職場や作業環境の改善は、予防の重要なポイン トであると同時に、労働の効率を上げることにもつながる。
なお、日本整形外科学会と日本産業衛生学会では、より的確な診断、治療 を行うため、頚肩腕障害の定義や診断基準の改訂、整備を検討している。仕 事が原因と見られる頚や肩、腕などの痛みに悩む人は、一度医療機関で診て もらうといいだろう。
 (談話まとめ:杉元順子=医療ジャーナリスト)

[出典:日経ビジネス、2007/07/30号、柄瀬浩一=独立行政法人労働者健康福祉機構 東京労災病院副院長・整形外科部長]

戻る