【食べ物のにおいが分からない】

人間の五感のうち、視覚と聴覚が「精神に近い感覚」と呼ばれるのに対し、嗅覚と味覚は「生命に近い感覚」と称される。特に嗅覚は、食物摂取や種族保存といった、人間が生命を維持するための基本に関与している感覚である。
においを感じ取るのは、鼻の中の目と目の問にある、嗅裂(きゅうれつ)と呼ばれる部分の嗅粘膜だ。嗅上皮というこの粘膜に、においを感じ取る嗅細胞があって、嗅神経を通じて脳とつながっている。
においのもとである嗅素という物質が、鼻の穴から入ってきたり、口腔内で発生して後鼻孔を通って鼻腔に入り、嗅細胞に到達すると、その刺激が脳に伝わってにおいとして感じられる。こうした嗅覚の仕組みのどこかに異常が発生すると、嗅覚障害となる。
 嗅覚障害の原因は様々であるが、鼻そのものの病気によることが圧倒的に多い。例えばアレルギー性鼻炎、急性・慢性の副鼻腔炎、風邪に起因する急性鼻炎など。アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎では、鼻粘膜がひどく腫れて、嘆素が嗅粘膜まで届かないために嗅覚障害が生じる。急性鼻炎では、鼻づまりのほかにウイルスが直接、嗅神経を侵している可能性もある。これらの炎症を放置したまま長引かせると、嗅神経がダメージを受けて、治りにくくなってしまう。
このほかにも交通事故などの頭部外傷の後遺症、鬱病で生命力が低下している時、放射線療法の後や抗ガン剤などによる薬剤性の障害、加齢による嗅覚の減退などによっても嗅覚障害は起こる。
一般的な検査としては、嗅素を含んだ薬剤を鼻の入り口に提示し、においを判定する方法、アリナミン注射液を静脈注射してにんにく嗅を感じるかどうかで判定する方法の2つがある。
嗅覚障害の治療法には、薬物療法と手術療法があるが、局所疾患(鼻の病気)による障害が多いことから、薬物療法が主となる。嗅上皮を内視鏡で観察して閉塞の程度を確認し、その部分への薬剤塗布を行う。薬剤には鼻粘膜収縮剤やステロイド剤を使う。
局所疾患が原因の場合は、この治療によってほとんどが改善する。早期に治療を始めることが重要で、こじらせてしまってからでは効き目もおぼつかなくなる。
嗅覚障害というと、従来はあまり重要視されず、病気としては軽視されがちであった。しかし、実生活の中では大変に不便なものである。嗅覚が侵されると、味覚までダメになったように感じるものだ。Kさんのようにコーヒーを飲んでも香りが味わえないばかりか、食べ物の腐敗が分からなかったり、ガス漏れにも気づかないといった危険な状態もあり得る。
風邪が治って3〜4日経ってもにおいの感覚がおかしかったら、耳鼻咽喉科での受診をお勧めする。(談話まとめ:杉元順子=医療ジャーナリスト)

[出典:日経ビジネス、2007/02/12号、三好彰=三好耳鼻咽喉科クリニック院長]

戻る